初山宝林寺の金鳴石はこんな音を響かせました

佛殿を出て左手方向にすこし進むと

願掛け参拝する「龍文堂」があります

龍文堂

 

龍文坊大権現の額がありましたが

どのようなご由緒があるのか

わからなかったため

お寺のホームページ
http://www.oubaku.org/shosan/rekisi.html

を拝見して納得がいきました。

 

龍文というのはこちらのお寺を開かれた

独湛禅師の一番弟子だった方のようで

ある夜に、裏山に登ったきり

姿が見えなくなっていたのですが

その夜、

京都の大本山萬福寺で火事が起きたときに

「初山の龍文」と名乗る僧があらわれ

鎮火させたというようなエピソードが

あるようです。

それもあって、火事もなく何百年も

初山宝林寺が続いているのは龍文さまの

守護があるからと龍文堂を建てたという

経緯があるようで、もとは火伏せの神として

信仰の対象になっていたようです。

 

龍文堂のご利益としては

火除け・厄除け・開運祈願・家内安全・縁結び

交通安全・学業成就などオールマイティな

ご利益をもたらすものとして

いまも人々の信仰を集めているのだそうです

 

龍文堂の前には2本の大きな杉が

ちょうど神社の鳥居のように

そびえ立っているように見えるアングルがあります

夫婦杉

こちらは

そのたたずまいがひとが寄り添うように

立っているように見えることから「夫婦杉」とも

言われているそうです。

 

龍文堂の右手に金鳴石はありました。

 

見た目はただの平べったい

石なのに叩くと、やや高めの金属音が鳴り渡る不思議な石

(よく見ると文字の一部はちょっと欠けているようでしたが
 「支那金鳴石初山永宝」と彫り込まれている)

が祀られています

もっとも金鳴石の前には

なんということもない小石が並んでいるので

これでたたいても同じようにご利益は

あるみたいでした。

金鳴る 金成る 祈願を込めまして

たたいてみました

お聞きとりになれましたか?

 

たたく石の場所によっても違いますが

ちょっと金属のような音もします。澄んだ音ですね

カンカン、キンキンとも聞こえるかも知れません

 

初山宝林禅寺への行き方は次の通りです

〒431-1304

静岡県浜松市北区細江町中側65-2

 

1.JR浜松駅より国道257号線を北へ16Km  車利用で40分

2.JR浜松駅前⑮番ポール遠鉄バス引佐線、奥山線  渋川線で「石岡」下車徒歩10分

3.天竜浜名湖鉄道「金指」駅下車徒歩15分

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて
読んでみてください。


Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

計算をして結果(認証コード)を記入して下さい (必須) Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.