運気を上げる神社の紹介

二荒山神社に参拝しながら日光東照宮にも行ってきました。
人が神になり守護するパワースポット

二荒山神社に参拝しながら

日光東照宮にも行ってきました。

 

日光東照宮にはご存知のように徳川家康が祀られています。

徳川家康は、1616年(元和2年)4月17日駿府城(いまの静岡県静岡市)で

75歳でなくなり、直ちに久能山に神葬されました。

 

徳川家康自身の遺言によって

一年後の1617年(元和3年)4月15日に遺骸は久能山から日光に移されました。

正遷宮という儀式は、その年の4月17日、二代将軍秀忠公をはじめ

公武参列のもと厳粛に行われ、東照社として鎮座することになりました。

 

1645年(正保2年)には宮号を賜ることになり、

東照宮と呼ばれるようになりました。

 

現在の主な社殿は、三代将軍徳川家光によって

1636年(寛永13年)に造替されたそうです

 

 

徳川家康は死の2週間前に次のように遺言したと

言い伝えられています。

 

「私が死んだら、まず、久能山に納め、神として祭るように。

葬式は増上寺で行い、三河の大樹寺に位牌を立てよ。

一周忌が過ぎたら、日光山に小さな堂を建てて勧進せよ。

関八州の鎮守となろう。」

 

先に天下統一を果たした

豊臣秀吉も死後は、京都の豊国神社に神として祀られ、

民衆に崇められていたので、徳川家康にも同じ思いがあったに違いありません。

 

また、知恵のあった家康は自分の死後、

将軍徳川秀忠の先祖は神様だと位置づけることで、

秀忠の地位を不動のものにするという策略を用いたのだと思われます。

 

中国には北極星を皇帝が天と交流するための

祭祀施設があり、

北極星こそ宇宙の中心であり、天帝とされ

その北極星をいただくものは天帝に選ばれしものという思想が伝わってきていたようです。

そのためか、

日光東照宮も北極星の位置を考えて作られたようです。

 

こちらは唐門

 

夜に日光東照宮に行って陽明門を見ると

ちょうど正面の真上に北極星が位置するそうです。

陰陽道の強い影響を受けて、日光東照宮は、

本殿前に設けられた陽明門とその前の鳥居を

中心に結んだ上空に北極星が位置するように設計されているといいます。

 

自らが、死後は神となり、徳川幕府の安泰と日本の平和を

いつまでも守り続けるという思想が家康の中に

あったのは間違いないと思われます。

続きを読む>>> 二荒山神社に参拝しながら日光東照宮にも行ってきました。
人が神になり守護するパワースポット

神社参拝お得情報

日光二荒山神社はお山が信仰の対象。男体山がとても綺麗でした。

先日、日光方面に出かけてきました。

連日の猛暑でさすがにへばっていたのですが、

中禅寺湖の日光レ-クサイドホテルに宿をとったので

湖畔を散歩したらとても涼しい風が吹いていました。

 

中禅寺湖から望む男体山はとてもきれいなお姿でした。

 

男体山は、古くは呼び名を二荒山(ふたらさん)といって

後ろのそのすぐ後ろの女峰山、太郎山をあわせて日光三山と呼ばれ

お山そのものを神体山としてお祀りする二荒山神社が有名です。

 

中禅寺湖の湖畔には中宮があります。

お山そのものが、信仰の対象だというのは富士山にも通じるものがありますね

 

ちなみに男体山のご祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)で

世間では大国主の命(オオクニヌシノミコト)としてよく知られています

国造りの神様であり、農業・商業の繁栄をもたらす神様として親しまれています。

あとは、何故か縁結びの神様でもあるんですね。

これについてはまた後ほど、ご案内します

こちらは中禅寺湖の遊覧船から望む山々です

じつは日光レークサイドホテルに宿をとった決め手は

こちらには、にごり湯の天然温泉があったから

日光レークサイドホテルから二荒山神社を巡るならコチラ

中禅寺湖の金谷ホテルも捨てがたい風情はあるのですが

温泉がないのが残念。

続きを読む>>> 日光二荒山神社はお山が信仰の対象。男体山がとても綺麗でした。

運気を上げる神社の紹介

成田山新勝寺境内には出世・開運の出世稲荷神社があります

出世稲荷神社がありました

成田山に参拝にいったのですが、

じつはここには強力な出世・開運のご利益のある

神社があるのです。

出世稲荷神社が鎮座されているのです。あまりに新勝寺がひろいので

庭園や参道をゆっくりと回っていたら、あまりにも混雑していたので

今回は参拝しませんでした。

この急な階段がずーっと出世稲荷開運参道のようです。

階段をあがると

お稲荷さんの強力なエネルギーというものを感じる鳥居の数々に出くわしますが

出世稲荷の御本尊というのは、江戸時代に成田山を篤く信仰した

佐倉藩主・稲葉丹後守によって寄進された御尊像だそうです。

商売繁昌・開運成就・火伏せのご利益があると伝えられ「出世開運稲荷」と称されているそうです。

ご本尊に向かう急な階段には、たくさんの人が列を作って並んでいて

鳥居の脇にある売店では、油揚げと蝋燭やお狐様のお人形が販売されていました。

 

行列はみなさん油揚げのお皿と生卵を手にして、ひたすら待っておられるようでした。

ま、著名人のとくに歌舞伎の市川家との縁も深い成田山は

いつまで見ても見飽きないところです。また、ちかいうちに訪れたいと思っています

 

運気を上げる神社の紹介

成田山新勝寺へ旧正月の初詣と洒落込みました

旧暦の旧正月(ことしは2月10日が元旦)

に初詣と洒落込んで

成田山新勝寺にお参りに行ってきました。

成田山新勝寺(なりたさんしんしょうじ)は

真言宗智山派のお寺で、ご本尊は不動明王さまです。

さすがに大本堂は300畳敷きというだけあって

とにかく広い。

家内安全、交通安全などを祈る護摩祈祷が行われる

ために関東圏の人が多く訪れます。

なんでもここ数年の正月の参拝客は

明治神宮が圧倒的に一位ということで不動の

ものだったようですが

成田山新勝寺は参拝客数は常に上位にあり

ことしも大混雑だったようです。

さすがに、節分も過ぎたいまは空いていました。

 

おかげで旧正月をゆっくりそぞろ歩きできました

こちらは小高い山に多くの堂や塔があるうえ

広大な公園があるので

じっくりと見ていたら丸1日以上は

かかるのではないでしょうか

そういえば、節分は人気力士や、NHKの大河ドラマの

役者さんが豆まきにやって来ます。

その時も大変な人出だそうです。

 

ぶらり参拝の様子はまた後日。

 

続きを読む>>> 成田山新勝寺へ旧正月の初詣と洒落込みました

運気を上げる方法の紹介

九頭龍神社の月次祭(つみなみさい)とはどんな行事なのでしょうか

九頭龍神社では毎月13日は月次祭(つきなみさい)

といい神事が行われますが、特に6月13日は大祭ということで、

年に一度の大規模なお祭りになります。

伝承されている九頭龍伝説を再現する湖水の神事が行われ、

多くの参拝者があるそうです。

神事では神主さんがお米、お酒、するめ、玉子を湖に投じて

龍神様に捧げます。

簡単にいうと龍神さんの好きだった食べ物をお供えするわけです。

 

現代では、環境問題への配慮から

平成16年9月より九頭龍様への献供として、「玉子」や「スルメ」「お酒」等を湖水へ

お供え(投入)するのは、自然環境保守のため、禁止されていているそうです

 

替りに神社にお供えして、御供(ごく)というものを頒けていただき、

湖に決まった作法で投入するようになっています

御供(ごく)の中身とそのいわれについてはまた後日説明いたしましょう。

 

奈良時代の天平宝字元年(757年)、万巻上人が湖に棲む『九頭の毒龍』を調伏し、

湖の主・龍神として鎮斎された故事にちなんではじめられた湖水際での神事は

かなり特殊なもので、ただ、神社にお供え物を器に盛ってお飾りしてお供えするのではなく

神前に御供と神酒を献じて祝詞を奏してから、神楽を舞いながら、

祈願をこめたのち、御供を唐櫃に納めてお供えするための行列を作り湖畔に向かい

お供えをかかげた行列は芦ノ湖の岸辺でいったん小舟に乗換え、

御供船、楽船、お伴船の順で進み

先日写真でお見せした湖上の大鳥居前から

先は、宮司が唯一人ゆく御供船のみが湖の中心部に向かって

漕ぎ出してゆき、神秘の神事(御供の献納)を行うのですが、これこそ

この九頭龍神社一社伝来の特殊なもなのだそうです。

 

しかもこの神事にもちいられる特殊神饌の御供は、三升三合三勺の赤飯なのですが、

これは精進潔斎した神職が忌籠、つまりおこもりしてして奉仕し、お炊上げして、

新調のお櫃に納めて神前に供するもので、

一切余人の手をかりることなく、不浄があってはならぬと、これを他人が窺い見ることも

禁じられているという極めて特別な扱いをするものです。

 

そんないわれを聞くと、有難さがいや増すというものです。