日光二荒山神社はお山が信仰の対象。男体山がとても綺麗でした。

先日、日光方面に出かけてきました。

連日の猛暑でさすがにへばっていたのですが、

中禅寺湖の日光レ-クサイドホテルに宿をとったので

湖畔を散歩したらとても涼しい風が吹いていました。

 

中禅寺湖から望む男体山はとてもきれいなお姿でした。

男体山はくっきり

 

男体山は、古くは呼び名を二荒山(ふたらさん)といって

後ろのそのすぐ後ろの女峰山、太郎山をあわせて日光三山と呼ばれ

お山そのものを神体山としてお祀りする二荒山神社が有名です。

 

中禅寺湖の湖畔には中宮があります。

お山そのものが、信仰の対象だというのは富士山にも通じるものがありますね

 

ちなみに男体山のご祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)で

世間では大国主の命(オオクニヌシノミコト)としてよく知られています

 国造りの神様であり、農業・商業の繁栄をもたらす神様として親しまれています。

あとは、何故か縁結びの神様でもあるんですね。

これについてはまた後ほど、ご案内します

 中禅寺湖から望む山々

こちらは中禅寺湖の遊覧船から望む山々です

じつは日光レークサイドホテルに宿をとった決め手は

 こちらには、にごり湯の天然温泉があったから

日光レークサイドホテルから二荒山神社を巡るならコチラ

中禅寺湖の金谷ホテルも捨てがたい風情はあるのですが

温泉がないのが残念。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Comments are closed.