財運をアップする神社の紹介

初山宝林寺の金鳴石はこんな音を響かせました

佛殿を出て左手方向にすこし進むと

願掛け参拝する「龍文堂」があります

 

龍文坊大権現の額がありましたが

どのようなご由緒があるのか

わからなかったため

お寺のホームページhttp://www.oubaku.org/shosan/rekisi.html

を拝見して納得がいきました。

 

龍文というのはこちらのお寺を開かれた

独湛禅師の一番弟子だった方のようで

ある夜に、裏山に登ったきり

姿が見えなくなっていたのですが

その夜、

京都の大本山萬福寺で火事が起きたときに

「初山の龍文」と名乗る僧があらわれ

鎮火させたというようなエピソードが

あるようです。

それもあって、火事もなく何百年も

初山宝林寺が続いているのは龍文さまの

守護があるからと龍文堂を建てたという

経緯があるようで、もとは火伏せの神として

信仰の対象になっていたようです。

 

龍文堂のご利益としては

火除け・厄除け・開運祈願・家内安全・縁結び

交通安全・学業成就などオールマイティな

ご利益をもたらすものとして

いまも人々の信仰を集めているのだそうです

 

龍文堂の前には2本の大きな杉が

ちょうど神社の鳥居のように

そびえ立っているように見えるアングルがあります

こちらは

そのたたずまいがひとが寄り添うように

立っているように見えることから「夫婦杉」とも

言われているそうです。

 

龍文堂の右手に金鳴石はありました。

 

見た目はただの平べったい

石なのに叩くと、やや高めの金属音が鳴り渡る不思議な石

(よく見ると文字の一部はちょっと欠けているようでしたが 「支那金鳴石初山永宝」と彫り込まれている)

が祀られています

もっとも金鳴石の前には

なんということもない小石が並んでいるので

これでたたいても同じようにご利益は

あるみたいでした。

https://kaiun.bitartisan.net/wp-content/uploads/hourinji_kanenonaruisi1.mp4

金鳴る 金成る 祈願を込めまして

続きを読む>>> 初山宝林寺の金鳴石はこんな音を響かせました

財運をアップする神社の紹介

金のなる石(金鳴石)の初山宝林寺を訪ねキンキン祈願の音を響かせてきました

座禅で悟りをひらくのが特徴でもある禅宗では

臨済宗、曹洞宗についで3番目に多いと言われているの

が黄檗宗(おうばくしゅう)です

 

黄檗宗と言えば、お菓子や煮豆に使われる

おなじみの「いんげん豆」の名前の由来である

隠元(いんげん)禅師によって

創建された京都宇治にある萬福寺が大本山になります。

 

黄檗宗というのは唐の僧,黄檗(おうばく)という方が

修行の拠点であったお堂のある山を黄檗山と名付けて

から定まったもののようです。

 

日本の京都の萬福寺のお手本となった

中国福建省萬福寺を敬って古黄檗(萬福寺)という

呼び方もあるようです。

 

管理人はまだ訪れたことがないのですが、

中国の黄檗山萬福寺を模して、明朝様式の禅寺を

隠元禅師とともに渡来した職人さんたちが

つくったのが京都の萬福寺なので

中国風の伽藍たたずむ独特な風景だと言うことです。

 

今回訪れたのは

奥浜名湖のパワースポット

じつは

「お金の成る石」「宝くじが当たる石」として

知る人ぞ知ると言うことで隠れた参拝者の多い

初山(しょさん)宝林寺を参拝して、

珍しい金鳴石(金成る石)の響きを聞いてきました。

 

 

初山(しょさん)宝林寺創建の由来は

頂いたパンフレットによると

江戸時代の初期、寛文4年(1664年)に

旗本金指近藤家二代目当主・登之助貞用(さだもち)の

招きに応じて

先の隠元禅師に随行し日本に渡られた

明国の独湛(どくたん)禅師が開祖ということでした。

それ以降、

金指近藤・気賀近藤両家の菩提寺として

寺領百石を有し、黄檗宗の専門道場として

この地の黄檗文化の中心となって栄えていた

ということです。

立派な山門をくぐると

 

正面にある佛殿は国指定重要文化財だそうで

屋根の葺き方がよく見る日本の寺院のような

ものと違い、茅か杉板なのか区別は

建築に疎い管理人にはわからないのですが

かなり地味な色合い。

 

これが

続きを読む>>> 金のなる石(金鳴石)の初山宝林寺を訪ねキンキン祈願の音を響かせてきました

財運をアップする神社の紹介

江ノ島にも金運財運アップにご利益のある銭洗い池がありました

江ノ島銭洗いの白龍池

行ってきました江ノ島「銭洗い白龍王」の白龍池

江の島神社で、

近年、

金運財運アップの強力なパワースポットとして

観光客が各地からお目当てにやってくるのが

「銭洗い白龍王」の白龍池です。

ここに銭洗い池があるのです。

 

 

場所はというと

江ノ島に入って、江ノ島名物

エスカー1区の

江島神社辺津宮(へつみや)の向かいあたりに

あります。

 

むかしは

江の島の頂上に行くには

数百段の階段をひたすら登っていかなくては

ならなかったのですが

国内初の屋外型エスカレータとして

昭和34年に4つの短いエスカレータを乗り継いで

江ノ島頂上までいくことができる

エスカーができました。

 

この池はエスカー1本目の出口付近に鎮座しています。

 

以前紹介した、

鎌倉市佐助にある宇賀神神社。

通称「銭洗い弁天」も

強力な金運パワースポットですが

箱根・鎌倉・湘南の地には

このような金運・財運アップの場所が

多いのはうれしいものです。

 

 

池の正面には「龍神と銭洗い」の立て札があり ご由緒が書いてあります。

 

要約すると

もともと、岩屋の洞窟にお祀りされていた

弁財天と龍神様のおられた場所に

ある霊水で金銭を洗うと金運・財運が向上するという

ご利益で賑わったようですが

近年、こちらの白龍池に移されたということのようです。

 

 

近くには銭洗いにはつきものの小ぶりの竹ざるが おいてありました。

 

金運・財運向上を願ってさっそく 洗わせて頂きました

 

こちらの池はちょっと変わったところで

続きを読む>>> 江ノ島にも金運財運アップにご利益のある銭洗い池がありました

財運をアップする神社の紹介

財運の神・弁財天のおわす、江ノ島を散策してきました

先日

古い昔から海運・漁業の守り神として広く庶民に厚く

信仰されている「江島神社(えのしまじんじゃ)」を散策してきました。

 

実は、お目当てというのが

江ノ島には最強の金運アップのパワースポット!

江ノ島の近くには腰越という土地も有り

こんな伝説があったそうです

 

 

この天女がすなわち福徳財運の神である弁天様らしく

江島弁財天様と龍神様のお話はこの地でずっと伝承されているようです。

 

その名も、裸(はだか)弁財天として有名な「弁財天」はその文字の表すように、

財宝の功徳を持つ「開運福徳」の神社としても親しまれています。

 

江ノ島電鉄江ノ島駅を下車するともうそこには潮風が吹いてきました。

 

 

 

渡っていくのは江の島弁天橋、橋の長さは約389mもあります。

 

 

いまでこそ立派な鉄橋ですが、もともと木製の橋が架かっていただけだったようです明治24年(1891年)頃のことだそうです。

その後、よく台風で流されることが続いていたために

昭和24年にはコンクリートの杭に打ち直され、

昭和28年にはいまのようなPC鋼橋になったんだと

「橋マニア」の友人から聞いたことがあります。

 

 

それまでは、江ノ島は海の潮が満ちてくると

片瀬浜からはとにかく徒歩で歩いて渡っていくしかない

離れ小島だったようで、島に行く手段といえば

舟か人足に背負われて参拝するしかなかったようです。

 

ちょうど大井川の渡しのような感じだったのかも知れません

 

 

そういえば、人道橋に並行してある

立派な自動車専用の橋は、昭和39年に開催された

東京オリンピックにあわせてつくられたそうです。

 

 

祝祭日・休日には長いクルマの行列ですが今回はだいぶ空いていましたね。

 

島の西方の「奥津宮(おくつみや)」に多紀理比賣命

中央部の「中津宮(なかつみや)」に市寸島比賣命

北方の「辺津宮(へつみや)」に田寸津比賣命をお祀りして

総称して「江島(えのしま)大神」ということになっているそうです。

 

 

 

さて、金運アップのパワースポット参拝には行けたでしょうか???

続きを読む>>> 財運の神・弁財天のおわす、江ノ島を散策してきました

金運をアップする神社の紹介

招き猫ゆかりの豪徳寺を訪ね金運招福を願掛けしてきました

奉納所の招き猫たち

世田谷百景のひとつ

招き猫で有名な小田急線の豪徳寺にお参りしてきました。

曹洞宗のお寺さんで立派な門を入ると

これまた見事な松並木の参道が

あり圧倒されます。

いまどき境内に到着するまでにこれだけ

見事な参道がある寺社は少ないと思います。

 

しばらく歩いていくと背の高い山門があり

境内に入ります。

正面には巨大な狛犬と香炉がお出迎えです

 

巨大な狛犬と香炉が現れます

 

社務所でいただいた

まねきねこ(招福猫児)の由来という

まねきねこを求めた時にいただける

小さいリーフレットに書いてあるところによると

こちら豪徳寺は、昔はいたって貧しいお寺であって

雲水修行をしてようやく暮らしを立てるような

日々を送っていたようです。

その当時の和尚さんが猫好きで

自分の食事を分け与え

子供のように可愛がって育てていたのだそうです。

和尚さんが、猫に

「汝わが愛育の恩を知らば何か果報を招来せよ」と

言い聞かせたところ

とある夏の日に、

鷹狩の帰り道とおぼしき身分の高そうな武士が

門前に馬を止めて、

「寺の前を通りかかったところ、

寺の中から猫がうずくまり自分たちを

手招きしているのが見えたので不思議に思い訪ねてまいった。

しばし休憩をさせてほしい」と申し出られ

和尚が急いで奥へ招き入れたところ、急に天気が

かわり雷の鳴る夕立になってしまったのですが、

和尚はそれにも動ぜず

お茶をお出しして説法をしたところ、くだんの武士は

いたく感心して

自分は彦根藩第二代藩主・井伊直孝であると身分を明かし

後日荒れていたこの寺に多額の寄進をして

おかげで、豪徳寺は立派な伽藍をもった寺に生まれ変わったと

いうようなことが書いてありました。

この出来事をもって、猫寺とも称されていたようです。

 

後日談として、和尚はこの猫が死ぬと墓を建てて弔い、

後世には境内に招猫堂が建てられ、

猫が片手を挙げている姿をかたどった

招福猫児(まねぎねこ)が作られるようになった

ということです。

 

こうしたご縁で

豪徳寺は井伊家の菩提寺となった

といわれています。

続きを読む>>> 招き猫ゆかりの豪徳寺を訪ね金運招福を願掛けしてきました

財運をアップする神社の紹介

鎌倉散策を兼ねて銭洗弁財天宇賀福神社に御参りしてきました。

鎌倉散歩を兼ねて、いつもお参りさせていただいている

銭洗弁財天宇賀福神社にお参りに行ってきました。(ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ)

こちらは

神奈川県鎌倉市佐助にある神社で

関東地方では、単に「銭洗弁天」でも

通じるくらい知れ渡っています。

 

目的は、やはり湧き出る霊水で持参したお金(紙幣も)

を洗わしていただき、福縁が授かりますように

金運上昇をお願いすることでした。

 

せっかくですから、霊水で清めたお金が福銭となって

他のお金を引き寄せ、どんどん回っていくことで

金運があがることをイメージするといいと思います。

 

まずは湧水のある奥宮(洞窟)前の本社へお参りしてから

お金を洗います。

以前は、霊水で洗い清めたお金を財布の中に

入れたまま使わないようにして、

そこに他のお金を引き寄せようとしたのですが、

あるとき、お金が回るようにむしろ積極的に

使ったほうがいいとアドバイスを受けたことがあり

それからはそうしています。

効果のほどは、ご想像にお任せいたします。

 

ただ、自分は500円玉ができてからは、洗い清めたあとも

必ず1枚だけは福銭のタネ銭としてお財布にのこして

次のお参りの時に、お賽銭として収めさせていただいています。

これは、自分流の金運上昇のおまじないです。

 

こういった、金運・財運上昇を祈念する場合は

できるだけ毎月、あるいは毎年でもいいですが

定期的に通って、

●前回の御礼に参りました ●きょうもお参りできたことを感謝しております ●ご祭神のいやますのご発展をお祈り申し上げます

 

というように心のなかで唱えています。

銭洗いをするだけでも金運上昇を祈念している行為なわけですから

金運上昇お願いいたしますなどと、あえてお願いごとは

しないのが、自分流の参拝作法です。

 

境内のお茶屋さんによって、軽くビールをいただきました。

簡単な食事もとれて、レトロなところもいい気分。

 

店内には白蛇の写真が飾ってありました。

お店の方に伺うと

3匹ほどいるとのことで、からだは白く目は赤いという

姿で、もちろん神様のお使いとして大切にされているという

ことでした。

貴重なお姿をとらえたものなので、ご覧になると

いいことが起こるかもしれませんよ。

 

↓遠隔地の方は、駅近なコチラからの散策を↓

鎌倉駅東口出口徒歩約1分。鎌倉巡りに近くて便利

続きを読む>>> 鎌倉散策を兼ねて銭洗弁財天宇賀福神社に御参りしてきました。

縁結び神社の紹介と参拝作法

日光二荒山神社は、縁(えにし)を結んでくださるところに注目でしょうか

先日の日光への旅行は、じつは暑さを避けて

東照宮と華厳の滝などめぐって暑気払いしたいなということで

出かけたわけなんですが

男体山を神体山と崇敬する日光二荒山神社は大変「縁」にゆかりの深い神社です。

ことに、縁結び、商売繁盛、健康運上昇などにご利益が

あるパワースポットとして有名ですね。

東照宮からの参道を通って、二荒山神社に足を運ぶことが

多いとはおもいますが、

ご神縁をいただくには できればもう一度、正面の神門から拝礼してから あらためて入らせていただくのが良いと聞いたことがあります。 時間があったらぜひそうなさってください。

 

日光二荒山のご神体である

男体山の神、大己貴命(おおなむちのみこと)を祀る神殿は

近くの東照宮のきらびやかなほどに華麗な作りと比べるとなんとも

見た目は簡素な作りの建物ですが

ご縁日には盛大に「大国(だいこく)まつり」が開かれ

全国から金運アップを願う人々の参拝で賑わいます。

 

大国主命は元来、男女の縁に限らずこの世のあらゆる縁を結ぶ神様です。

大国主命は「大国」がダイコクと読めることから、同じ音の大黒様(大黒天)と

神仏習合で同一視されて民衆に広く浸透しているのだと言われています。

今では幸福をもたらす神様として広く信仰されているそうです。

 

知恵の神様・少彦名命(スクナヒコノミコト)は

朋友神社にお祀りされています。

本殿の近くにある、縁結びの笹が有名なせいか男女良縁を願う方の

参拝が多いのは昔から変わらないようですが

結んでいただくのは、人と人のご縁なのでもっと広い意味で

捉える必要があるかもしれません。

境内奥の神苑内にある霊泉には、薬師の霊水と酒の泉の2つの湧き水を

引き込んであるので、知恵の水・若がえりの水・知恵の水・醸造に良い

銘酒をする水などの霊験あらたかなものとして崇敬されています。

 

今流行のアンチエイジングには若がえりの水は欠かせないとかで、

近年では、ことに多くの女性客が訪れるということです。

 

霊泉のそばのあずま屋ではこの霊水で淹れた珈琲やお抹茶をいただけるので

疲れた足を休めながらゆっくりするのもいいですね。

日光レークサイドホテルから二荒山神社を巡るならコチラ

 

続きを読む>>> 日光二荒山神社は、縁(えにし)を結んでくださるところに注目でしょうか

金運をアップする神社の紹介

まだ、お社も新しい岩国の白蛇神社の動画情報を見つけました

国の天然記念物しろへびをお祀りする 岩国の白蛇神社はまだ新しい神社です

 

ことしが巳年なために白蛇信仰のある神社を

参拝されるのもよいのではと先日記しましたが

■財団法人 岩国白蛇保存会【住 所】 山口県岩国市今津町6丁目4-2(白蛇今津観覧所)

が管理している

国の天然記念物「岩国のシロヘビ」は、

岩国白蛇保存会のHPの記事を

引用させていただきますと

文化財として貴重な国民的財産で大切に保存することを

義務づけられており、また、出来るだけ公開して、

その学術的価値の認識を広めねばなりません。

そのために、諸施設を設置して一般の観覧に供しています。

屋外施設でふ化した幼蛇を、屋内施設に収容し、

生後3年まで人工的に飼育管理をします。

成長したシロヘビは、再び屋外施設に放飼し、自然に近い環境の中で、

保護増殖を図っています。

岩国市民のシロヘビに寄せる愛着は深く、住みつけば瑞兆と喜ばれ、

福運金運の神の使いとして、崇蛇の遺風が伝えられています。

 

というように記されています。(同保存会ホームページより引用)

そのためこの貴重なしろへびを祀った

神社が作られて間もない(平成24年11月に神社が完成)

ために参拝させていただいたことがないのですが

偶然、岩国の白蛇神社の様子がわかる動画を見つけましたのでご紹介しておきます。

もし、近在の方はお参りになられたらいかがでしょうか

一度訪れてみたいと考えている金運神社のひとつです。

お社(やしろ)もとても新しくすがすがしい感じがします。

金運をアップする神社の紹介

名古屋駅から歩けるところに白龍神社があったのですが…

じつは名古屋駅近くに白龍神社があります。

■〒450-0003 名古屋市中村区名駅南一丁目8番14号

月次祭は毎月17日

 

国宝犬山城を拝観する途中で立ち寄りたかったところがありました。

 

名古屋駅から徒歩15分くらいで行けるらしいのですが、今回は新幹線の

時間の都合でこちらには立ち寄り参拝する時間がありませんでした。

 

こちらは金運や健康運、厄除けにご利益のある

二人の神様(たかおかみのかみ、すさのおのみこと)を祀る神社で、

伝説上の動物である龍の化身とされるヘビとの関係も深い神社です。

 

この神社に伝わる話では、慶長八年(西暦1603年)、この地域は

古くは国広井郷と呼ばれ、南北に流れる清流の江川が流れていたそうです。

(道路整備の関係で、江川は廃止され、現在はコンクリ管を通る地下流に

なっているようです)。

 

当時、川に架かる橋(柳橋)の辺りの村には原因不明の熱病が流行したようで

「此の美しき良き所に大神をお祀りすれば、

萬民の苦疫を救い、幸をたれ給う。」とのご神示が下ったといわれています。

そのため、当初は、江川の傍にある柳の木の下に祠を建て、

人々が崇め拝んでいたのですが、柳の木の寿命がつきて枯れてしまうと

当時近くにそびえる、いちょうの木へ大神様が移られて、

引き続き御神木として、人々の崇敬が広まるにつれ

大神様の御神徳が現わされて多くの人に、

二柱の神様を総して「白龍様」「白龍さん」と

親しまれるようになったということです。

 

 

白龍はすなわち白蛇とも通じるものがありますね

 

その後、第二次世界大戦の空襲時にも神社とご神木は戦災を免れて、

現在地に道路整備のために神社が移転するのにあわせ

ご神木も無事移植されたそうです。

 

本殿の隣りにある摂社にはやはり白龍が祀られていて、

蛇の好物である生卵をお供えする人も多いらしいとのこと。

 

その、天にそびえたつような姿に、天に上る龍の姿や生命力を感じ

大木には龍神信仰が重ねあわされることが多いようです。

 

 

願いごとを唱えつつ石を持ち上げたとき、

軽くヒョイと持ち上がればその願いは叶うと言う「おもかる石」

もあるらしいので、訪ねてみたかったなとちょっと残念です。

 

続きを読む>>> 名古屋駅から歩けるところに白龍神社があったのですが…

金運をアップする神社の紹介

巳年の金運神社は白蛇信仰のある神社を参拝するのもよいでしょう

2012年は辰年

で龍がいろいろとシンボリックに扱われてきましたが

辰年はいろいろ運気に変化が多く乱れる年という説も多く

気象を含め金融経済などにも「乱」現象が見られた年だったような気がいたします。

 

開けて当年

2013年は巳年、へびどし

書店で販売されている運勢学の書物などにも書かれていることですが、

巳には、始まるという意味もあるそうです。

世の中は目まぐるしく変化し、色々なことが次から次から起こりますが

一度スタート地点にもどってここよりまた始まるということなのでしょうか?

 

金運神社参拝にあたって、ことしは特に蛇に関して、

白蛇信仰のあるところを調べて行かれるのも

良い考えかと思います。

 

むかしから蛇は金運がアップするなどとも言われ、そのような理由から、

蛇の脱皮した皮を、お財布の中に入れて置くと、お金が貯まるという言い伝えを

いちどは聞いたことがあるのではないかとおもいます。

 

白蛇は蛇のなかでも遺伝子に色素が欠ける要素をもった特別な個体(アルビノ)で、

からだの色が白色な蛇なのですが

個体数も非常に少なく珍しがられ、神のお使いさまとしても

特にパワーのあるものとして各地において崇拝されるようになったようです。

そんな白蛇信仰のパワースポットでもある金運神社参拝のご参考になればと思い

後日いくつかご紹介しようと思います。