金運をアップする神社の紹介

銭洗い池のある金運神社:三光稲荷神社

今回注目の金運神社には銭洗い池がありました

 

天守閣が現存する最古の城で有名な国宝犬山城を

訪れました。

この地には

尾張五社と呼ばれる神社のうちの

(熱田神宮、尾張大国霊神社(国府宮神社)、 千代保稲荷神社 、津島神社、針綱神社)

のひとつである針綱(はりつな)神社があります。

 

愛知県犬山市にある針綱(はりつな)神社は

平安時代中期に編纂された格式(法律)である

延喜式のなかに記されている神社一覧表にあたる項目にも

記載されている由緒ある神社で、

太古の昔にこの地に鎮座されて

濃尾の国の総鎮守として信仰を集めてきたそうです。

ご利益としては東海鎮護・五穀豊穣・水産拓殖

・厄除け・安産・長命の神様として崇拝されていたのだそうです。

特に、天文6年(1537年)に織田信長の叔父にあたる

織田信康公が自ら手彫りの狛犬一対をお納めしたことで

安産信仰にも深いご縁があるそうです。

歴史的には何度も遷座を繰り返しています。

 

1537年(天文6年)8月28日、

織田信長の叔父である織田信康が、

木の下城をこの神社のあった土地に移築しようと考え、

現在地から犬山市白山平

(犬山城の東方にある山)に遷座したそうです。

その69年後の1606年(慶長11年)4月8日、

白山平から名栗町に再び遷座され、

犬山城主である成瀬氏の祈願所となりました。

時代は過ぎて、1882年(明治15年)9月28日、

名栗町から、1537年(天文6年)までもともとの座地で

あった現在地に遷座され、現在に至っているということです。

 

今回金運神社として取り上げるのは この針綱神社の隣にある赤い鳥居がたくさん並ぶ 三光稲荷神社です。 ■〒484-0081 愛知県犬山市犬山北古券65-18

 

こちらには、先述しました鎌倉の銭洗い弁天と同様

ご神水で小銭を洗うとお金が増えて戻ってくるという

銭洗い信仰の流れをくむ銭洗いの池があります。

立て看板には説明書きが書いてありました

 

100円でろうそくを求め、お借りしたざるを持って

灯りを稲荷神社にささげたのち、ざるに

お金をいれて洗い清めるとお金が何倍にもなって

戻ってくるとの信仰があります。

 

 

また、このご神水で清めた福銭を持っていると

続きを読む>>> 銭洗い池のある金運神社:三光稲荷神社

運気を上げる方法の紹介

新年パワーアップの情報をご提供します

来たるべき新年にむけて 運気をパワーアップする方法があります

 

じつは先日入手した「新年パワーアップレポート」なるものを精読しておりました。

大きくは

1.一年の願いをかなえる初詣に関する情報

(新年をパワーアップして迎える方法)

2.一年をパワーアップして活動するための情報

で構成されており本編だけで122ページもある大作です。

 

本編は前半部で2013年版の新年をむかえるにあたり、もっとも

運気改善・アップにつながる参拝の前にしておくべきこと、

初詣参拝の日にちの選び方・参拝の作法等々わかりやすく解説されています。

後半は、一年間を通じてパワーアップを図る簡単な方法、

逆に運気をパワーダウンさせる

ことについての注意点も書かれておりとても実践的です。

これらの運気は金運・財運をはじめ健康運・仕事運・恋愛運など

すべての運気改善に通じているといえます。

 

さらに、7つもの特典がつくのですが

そのひとつは、聴いているだけで年収を2倍にするためのマインドセットを

作るための音源がついてきます。特殊な方法でつくられたもので他では入手できません。

使い方はとても簡単で、ipodにでもいれて聞き流していていいのです。

また、パワーアップに関連した音源もいくつか付属します。

 

じつは、自分は昨年もこのレポートの2012年版を幸運にも入手でき

大いに恩恵を被ったのを実感していましたが、2013年版も入手できると

いうことであわてて入手に奔走しました。

 

 

本当のことをいうと 2012版で語られていた、

12月の押し迫ったある特定の日に「やるべきこと」

を行うために、少しばかり記事に記すのが遅れてしまいました。

 

初詣という一年の初めの行事を大切に扱うことで、確かに運気は向上します。

 

新年パワーアップを図りたい方は

下記の「新年パワーアップレポートの情報希望」フォームから

必要事項をご記入の上

送信下さい。 折り返し情報をお送りいたします

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名 [新年パワーアップレポートの情報希望]

メッセージがございましたらご記入ください(注:HTMLタグは記入できません)

続きを読む>>> 新年パワーアップの情報をご提供します

金運をアップする神社の紹介

金運神社としての銭洗弁財天宇賀福神社の由来

お金を水で洗うと倍になる?

通称、銭洗弁天

銭洗弁財天宇賀福神社は鎌倉時代に建てられた神社です。

 

もともとこの神社が建てられたのには

源頼朝が関係しています。

平安末期の鎌倉は災害が続いて庶民は貧困にあえいでいたため、

源頼朝が世の救済を祈願した場所なのです。

言い伝えによれば

巳の年の文治元年(1185年)の巳の月、巳の日の巳の刻、

宇賀福神からの源頼朝の夢にお告げがあり

「この地に湧き出す水で神仏を供養せよ、

そうすれば天下泰平の世が訪れる」とのお告げを信じ

さっそく源頼朝はこの地にやしろを建て

宇賀福神をお祀りしたそうです。

 

その後、この甲斐あって世の中の混乱は

収まったと伝承されています。

この話が発展していつの頃からか、いろいろ変形して

こちらに湧き出る霊水でお金を洗うと倍になると言う

信仰が生まれたらしいのです。

 

とても即効性のあるご利益に結びついたものですね。

金運神社としてはなかなかのものです。

こちらの湧き水は鎌倉五名水の一つに数えられ

とても貴重なものです。この水をペットボトルに入れて持ち帰るひともいるそうです。

 

なにより洞窟内でお水を使わせていただくのは無料なので人気があるのかもしれません。

巳の日の縁日には特に多くの参拝者で賑わいます。

金運をアップする神社の紹介

手ごろな散策に、銭洗弁天をお忘れなく!

関東地方にお住まいの方で

行楽を兼ねて鎌倉の銭洗弁天に行かれた方は多いでしょう。

正式名称は

銭洗弁財天宇賀福神社

(ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ)といいますが

神奈川県鎌倉市佐助にある神社です。

 

洞窟の入り口近くには宇賀福神さまのお社があり、

洞窟の中のお社は銭洗弁財天さまをお祀りしています。

境内洞窟にある清水で硬貨などを洗うと増えると

伝えられていることから、

銭洗弁財天(銭洗弁天)の名で知られ、

休日に限らずとても観光客の多い場所です。

 

ここは金運神社のひとつとして忘れてはならない

パワースポットだと思います。

 

庶民の金運に恵まれるようにと思う気持ちは

みな同じなようで

一万円札や宝くじまで洗う人がいるそうですので

ほほえましい限りです。

 

散歩を兼ねて鎌倉散策のコースにぜひ加えておきたいところです

JRの鎌倉駅から徒歩で約20分くらいはかかります。

この神社の由来などについてはまた後日。

財運をアップする神社の紹介

ジャンボ宝くじの季節に思い出すのはあの神社!

ジャンボ宝くじもとうとう6億円までになりました

年末になると思いだすのですが

まだ行ったことがないので、

一度訪れてみたいと思っている神社があります。

 

ジャンボ宝くじの販売時期になると、マスコミでも

取り上げられて名の知れている神社に

宝当神社(ほうとうじんじゃ)があります。

 

この神社は佐賀県唐津市の唐津城の

北方約2kmの唐津湾上に浮かぶ島、高島にある神社です。

宝くじとのかかわりは

1990年代にある住民が宝くじを購入した際、

神社名にあやかり

この神社に当選を祈願したところが、

思わぬ高額当選した事をきっかけに、

「この神社に祈願すれば宝くじが当たる」という

評判が立つようになったからです。

この神社が有名になる以前は、

唐津から高島にわたる高島航路の利用者は

住民と釣り人や教師などが乗船する程度であったそうです。

もともと島には食事ができるような施設もなかったようですが、

最近ではジャンボ宝くじが発売されるたびに

高額当選祈願の人がこの神社を来訪するようになり、

島おこしグループなどが運営する会社により

来訪者への様々な施設も整備されてきてブームになっているということです。

敷地内では一般的なお札や厄除けなどの他、

必当御守や宝当あたり矢など宝くじにちなんだ品物が販売されていて、

なかでも有名なのは

開運宝当袋だそうです

 

高額当選を祈願する人は次のような手順を踏むと良いそうです。

 

最初に神社境内でお札を授かり、開運宝当袋に収めます。

そこに高額当選祈願の気持ちを込め、開運宝当袋に運気をたっぷり入れて

袋の口をしっかりしめて、運気を漏らさないように

持ち帰ってくださいとのこと。

帰ったら神棚など、

目線より上に置いてひたすら当選を待ちます。

宝くじを買うたびに、開運宝当袋に入れるのが大切だと

いわれているのだそうです。

 

自分で確かめたことはないので、真偽のほどは定かではありませんが

知る人ぞ知るという穴場だそうです。

 

それにしてもなかなか刺さる名前の神社ですね

続きを読む>>> ジャンボ宝くじの季節に思い出すのはあの神社!

神社への参拝作法

効率的な三社参りのルートの取り方

九頭龍神社・箱根神社元宮・箱根神社を

効率的に三社参りするには

こんなルートがいいと思います。

まず九頭龍神社の本宮を参拝したら

神山桟橋からまた船に乗って箱根園港で下船して

駒ヶ岳ロープウェーにのります。

天気が良ければ富士山がとても美しい姿を見せてくれます。

 

 

7分くらいで山頂につきますので、すかさず箱根神社元宮参拝。

地上と比べてかなり気温が低いのでびっくりします。

また、雄大な景色を眺めながらロープウェーでくだり

 

箱根園駅で下車し箱根園港より船で箱根関所跡を経由して

 

元箱根港で下船し、箱根神社を参拝するのが効率的でしょう。

神社への参拝作法

三社参り(九頭龍神社・箱根神社元宮・箱根神社)がおすすめです

三社参りのおすすめ

せっかく九頭龍神社にお参りしたなら

船で元箱根にもどりついてから

ロープウェーを使って駒ヶ岳山頂に鎮座する

箱根神社の元宮と

ふもとの箱根神社の三社を

きちんとお参りするといいでしょう。

 

箱根神社すぐ横には九頭龍神社の分社である新宮

がありますので、こちらもしっかりお参りしてください。

 

本宮と比べて、

少しばかり空いているかなと思いますので

こころおきなく参拝できます。

霊水といわれる龍神水をペットボトルに汲めるのは

ここですよ。

 

神社への参拝作法

九頭龍神社にある二つの神社もお参りは忘れずに

そのひとつは弁財天さまです。

九頭龍神社のすぐ下には財運の神さま、

七福神のひとりとして信仰される弁財天が祀られています。

特に商売繁盛を祈念して

ご参拝の方はこちらも忘れずお参りしてください。

 

もうひとつは

九頭龍神社から徒歩5分ほどのところに

白龍大神を奉る白龍神社があります。

白龍とは「白和龍王」のことで、

白和龍王は江戸時代末期まで箱根権現で

お祀りされていた龍神さまです。

本宮の青龍、金龍に対する白龍として

古くから信仰の対象となり崇められているそうです。

白い鳥居が特徴の白龍神社です、よく探してみてください。

 

因みに、弁財天様の守護は白龍が受け持ちしていると

言われています。

白龍は雨を降らし、青龍と同じく水を司り、水を清める役目をお持ちの龍神様です。

 

神社への参拝作法

御供(ごく)ってなんでしょうか?

御供(ごく)というのは参拝船で九頭龍神社にお参りするときに渡される

封筒に入った九頭龍神社の祭神である龍神にささげるお供え物で、

実は中には小豆とお米がはいっています

封筒はこんな感じです↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このお米と小豆をどのようにして

龍神様に御供えしたらいいのかが問題ですよね

安心してください。

参拝作法は御供の袋にちゃんと書いてあります。

具体的には、御供を袋からいったん手のひらに受け、

湖の湖面にむかって手をふりながら、半円形に広がるように

一回で撒いた後で、

二拝二拍手一拝の作法でお参りします。

後半は神社でのお参りの仕方と同じですね。

 

実はこの小豆とお米は、先に紹介した特殊神事に使われる

お米と小豆になぞらえたものなのだそうです。

 

神社への参拝作法

九頭龍神社にはどうやっていくのか?

九頭龍神社に参拝するには2つの方法がある

月次祭のときに出向する月次祭参拝船にのって 樹木園桟橋から上陸し、

本宮までむかうか

月次祭のない日は箱根園港から30分くらいかけて歩くか の方法があります

毎月13日のみ、箱根 芦ノ湖遊覧船は参拝船として 九頭龍神社近くの桟橋まで船が運航しています

出発地の元箱根港からは20分程度で到着します。

参拝船(フェリー)で行く方は芦ノ湖元箱根港で 「芦ノ湖遊覧手形」に模した乗船券をもらい、

参拝するときに湖にお供えする「御供(ごく)」という封筒と

祈祷していただきたい願意を記入する用紙が配られるので

必要事項を記入し、神主さんに初穂料を納めて船を待つことになります

芦ノ湖は天気により、湖面が霧に包まれてとても 神秘的な表情を見せるときがあります。

 

こういったときは

また霊験あらたかな感じがしていいものです。

 

霧の濃い時はこんな感じで芦ノ湖の湖面から

 

赤い鳥居がぼんやり見えます

 

神秘的な雰囲気でしょう