財運をアップする神社の紹介

財運の神・弁財天のおわす、江ノ島を散策してきました

先日

古い昔から海運・漁業の守り神として広く庶民に厚く

信仰されている「江島神社(えのしまじんじゃ)」を散策してきました。

 

実は、お目当てというのが

江ノ島には最強の金運アップのパワースポット!

江ノ島の近くには腰越という土地も有り

こんな伝説があったそうです

 

 

この天女がすなわち福徳財運の神である弁天様らしく

江島弁財天様と龍神様のお話はこの地でずっと伝承されているようです。

 

その名も、裸(はだか)弁財天として有名な「弁財天」はその文字の表すように、

財宝の功徳を持つ「開運福徳」の神社としても親しまれています。

 

江ノ島電鉄江ノ島駅を下車するともうそこには潮風が吹いてきました。

 

 

 

渡っていくのは江の島弁天橋、橋の長さは約389mもあります。

 

 

いまでこそ立派な鉄橋ですが、もともと木製の橋が架かっていただけだったようです明治24年(1891年)頃のことだそうです。

その後、よく台風で流されることが続いていたために

昭和24年にはコンクリートの杭に打ち直され、

昭和28年にはいまのようなPC鋼橋になったんだと

「橋マニア」の友人から聞いたことがあります。

 

 

それまでは、江ノ島は海の潮が満ちてくると

片瀬浜からはとにかく徒歩で歩いて渡っていくしかない

離れ小島だったようで、島に行く手段といえば

舟か人足に背負われて参拝するしかなかったようです。

 

ちょうど大井川の渡しのような感じだったのかも知れません

 

 

そういえば、人道橋に並行してある

立派な自動車専用の橋は、昭和39年に開催された

東京オリンピックにあわせてつくられたそうです。

 

 

祝祭日・休日には長いクルマの行列ですが今回はだいぶ空いていましたね。

 

島の西方の「奥津宮(おくつみや)」に多紀理比賣命

中央部の「中津宮(なかつみや)」に市寸島比賣命

北方の「辺津宮(へつみや)」に田寸津比賣命をお祀りして

総称して「江島(えのしま)大神」ということになっているそうです。

 

 

 

さて、金運アップのパワースポット参拝には行けたでしょうか???

続きを読む>>> 財運の神・弁財天のおわす、江ノ島を散策してきました

金運をアップする神社の紹介

銭洗い池のある金運神社:三光稲荷神社

今回注目の金運神社には銭洗い池がありました

 

天守閣が現存する最古の城で有名な国宝犬山城を

訪れました。

この地には

尾張五社と呼ばれる神社のうちの

(熱田神宮、尾張大国霊神社(国府宮神社)、 千代保稲荷神社 、津島神社、針綱神社)

のひとつである針綱(はりつな)神社があります。

 

愛知県犬山市にある針綱(はりつな)神社は

平安時代中期に編纂された格式(法律)である

延喜式のなかに記されている神社一覧表にあたる項目にも

記載されている由緒ある神社で、

太古の昔にこの地に鎮座されて

濃尾の国の総鎮守として信仰を集めてきたそうです。

ご利益としては東海鎮護・五穀豊穣・水産拓殖

・厄除け・安産・長命の神様として崇拝されていたのだそうです。

特に、天文6年(1537年)に織田信長の叔父にあたる

織田信康公が自ら手彫りの狛犬一対をお納めしたことで

安産信仰にも深いご縁があるそうです。

歴史的には何度も遷座を繰り返しています。

 

1537年(天文6年)8月28日、

織田信長の叔父である織田信康が、

木の下城をこの神社のあった土地に移築しようと考え、

現在地から犬山市白山平

(犬山城の東方にある山)に遷座したそうです。

その69年後の1606年(慶長11年)4月8日、

白山平から名栗町に再び遷座され、

犬山城主である成瀬氏の祈願所となりました。

時代は過ぎて、1882年(明治15年)9月28日、

名栗町から、1537年(天文6年)までもともとの座地で

あった現在地に遷座され、現在に至っているということです。

 

今回金運神社として取り上げるのは この針綱神社の隣にある赤い鳥居がたくさん並ぶ 三光稲荷神社です。 ■〒484-0081 愛知県犬山市犬山北古券65-18

 

こちらには、先述しました鎌倉の銭洗い弁天と同様

ご神水で小銭を洗うとお金が増えて戻ってくるという

銭洗い信仰の流れをくむ銭洗いの池があります。

立て看板には説明書きが書いてありました

 

100円でろうそくを求め、お借りしたざるを持って

灯りを稲荷神社にささげたのち、ざるに

お金をいれて洗い清めるとお金が何倍にもなって

戻ってくるとの信仰があります。

 

 

また、このご神水で清めた福銭を持っていると

続きを読む>>> 銭洗い池のある金運神社:三光稲荷神社

運気を上げる方法の紹介

来る年も金運神社参拝を続けていきます

来たるべき新年にむけて 運気をパワーアップする方法を読んでいます

 

先日入手した「新年パワーアップレポート」には

年の初めの初詣だけにとどまらず

一年をパワーアップして活動するための情報についてもかなりの

量が割かれているので、実は年間を通じての運気改善に役立ちます。

 

運気をパワーダウンさせる

ことについての注意点は、ふだんなにげなくしていることや

生活についてもっと気を付けようという気持ちにしてくれます。

 

そういった意味で

このおレポートは金運だけにとどまらず、

全体の運気を上昇させたいと考える方にしか

読んでいただきたくない、重要なメッセージにあふれていました。

 

自分も、来る年も引き続き金運神社参拝を続け、

運気上昇・金運アップの参拝法を

調べて、みなさまにご紹介していきたいと思っています

運気を上げる方法の紹介

そろそろ来年の開運・金運アップ対策を考えましょう

来年の開運・金運アップの対策はいかがですか

 

年末になるとそろそろ来年のことに

いろいろ思いをめぐらすこともあるでしょう。

今年一年の金運はどうでしたか?運気改善の効果のほどは?

金運神社への参拝はどれくらい行けましたか?

正しい参拝作法を知ることができましたか?

来る年のスタートには初詣という大イベントが控えていますよね。

 

じつは金運アップ・開運に直結する

【配布期間限定】の貴重なレポートが入手できるということなので

レポートを取り寄せております。

神社やお寺の初詣からはじまるいろいろな運気改善・パワーアップについての情報が

たくさんあるようです。

具体的な情報はもうしばらくお待ちください、皆さんの期待にきっと応えてくれますよ。

 

神社への参拝作法

金運祈願に開運礼拝作法マニュアルがある

最近、金運神社に行ったいう人の話を立て続けに聞きます。

各地に金運・財運の開運のための神社があると聞きます。

興味があったので、参拝したらどんな感じだったか聞いてみたんですけど、

参拝の帰り道の車中に、携帯に電話がかかってきて、 新しい仕事が決まったり、

参拝後から、自分の扱っている製品が売れ出したり、 経営している会社が大口の案件を取ってこれて

利益がこれまでになく 大きなものになったり

結構、金運アップの効果を実感したって言う人が多いようです。

どうりでみんな行くわけだと思ったのですけど、

でも良く話を聞いてみると、結構適当に参拝をしているみたいで、

●お賽銭はいくらがいいのか?

●神社にある手水の使い方はどうしたらいいのか?

●たくさん金運アップのお願いごとをしてもいいのか?

などとわからないことだらけです

なぜって、神社とかって、 ちゃんとした参拝の仕方とかがあるというじゃないですか。

 

つまり金運神社の正しい参拝作法ですね

なのに、そういう情報はなかなか耳にはいらないんですよね。

知り合いが言ってましたが 「参拝の仕方で、金運・財運の開運効果がきっと変わると思う」と

強く言うものですから せっかく行くなら、正しい参拝作法を知りたいなと思ったのです。

で、調べてみました。

金運神社へのちゃんとした参拝の方法が無いかって?

そうしたらこんなのを見つけたんです。 とても幸運でした。

金運祈願にベストな ◆開運参拝作法マニュアル◆ があるそうです