財運をアップする神社の紹介

鎌倉散策を兼ねて銭洗弁財天宇賀福神社に御参りしてきました。

鎌倉散歩を兼ねて、いつもお参りさせていただいている

銭洗弁財天宇賀福神社にお参りに行ってきました。(ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ)

こちらは

神奈川県鎌倉市佐助にある神社で

関東地方では、単に「銭洗弁天」でも

通じるくらい知れ渡っています。

 

目的は、やはり湧き出る霊水で持参したお金(紙幣も)

を洗わしていただき、福縁が授かりますように

金運上昇をお願いすることでした。

 

せっかくですから、霊水で清めたお金が福銭となって

他のお金を引き寄せ、どんどん回っていくことで

金運があがることをイメージするといいと思います。

 

まずは湧水のある奥宮(洞窟)前の本社へお参りしてから

お金を洗います。

以前は、霊水で洗い清めたお金を財布の中に

入れたまま使わないようにして、

そこに他のお金を引き寄せようとしたのですが、

あるとき、お金が回るようにむしろ積極的に

使ったほうがいいとアドバイスを受けたことがあり

それからはそうしています。

効果のほどは、ご想像にお任せいたします。

 

ただ、自分は500円玉ができてからは、洗い清めたあとも

必ず1枚だけは福銭のタネ銭としてお財布にのこして

次のお参りの時に、お賽銭として収めさせていただいています。

これは、自分流の金運上昇のおまじないです。

 

こういった、金運・財運上昇を祈念する場合は

できるだけ毎月、あるいは毎年でもいいですが

定期的に通って、

●前回の御礼に参りました ●きょうもお参りできたことを感謝しております ●ご祭神のいやますのご発展をお祈り申し上げます

 

というように心のなかで唱えています。

銭洗いをするだけでも金運上昇を祈念している行為なわけですから

金運上昇お願いいたしますなどと、あえてお願いごとは

しないのが、自分流の参拝作法です。

 

境内のお茶屋さんによって、軽くビールをいただきました。

簡単な食事もとれて、レトロなところもいい気分。

 

店内には白蛇の写真が飾ってありました。

お店の方に伺うと

3匹ほどいるとのことで、からだは白く目は赤いという

姿で、もちろん神様のお使いとして大切にされているという

ことでした。

貴重なお姿をとらえたものなので、ご覧になると

いいことが起こるかもしれませんよ。

 

↓遠隔地の方は、駅近なコチラからの散策を↓

鎌倉駅東口出口徒歩約1分。鎌倉巡りに近くて便利

続きを読む>>> 鎌倉散策を兼ねて銭洗弁財天宇賀福神社に御参りしてきました。

運気を上げる方法の紹介

神社参拝途中で考えた?へびには強い生命力や再生のパワーがあるのだろうか

アスクレピオスの杖

巳年はへびの強い生命力のパワーを 受け取れる年かもしれません

 

昔から世界各地で、へびという動物については「強い生命力」を

多くの人が感じとっていたようです。

 

それというのも、成長の過程で脱皮を繰り返し、傷一つない姿になることから

霊力を秘めている生き物とされ、再生や蘇りの象徴とされていたようです。

 

日本では、特に白蛇を神の使いとして太古より崇めてきました。

また、その強い生命力から「生命の源」とされてきた蛇は、

現代でも生命のシンボルとされています。

 

たとえば、救急車には「生命の星」と呼ばれるマークが描かれています。

1910年にアメリカで救急のシンボルとされたこのマークにも、

蛇が巻きつく杖(アスクレピオスの杖)が描かれています。

 

アスクレピオスの杖(英語: Rod of Asclepius)とは、

もともとギリシア神話に登場する

医神アスクレピオスの持っていた蛇(クスシヘビ)の

巻きついた杖をさしていました。

いまや医療・医術の象徴として世界的に広く用いられている

シンボルマークになっています。

 

「生命の星」は救急医療機関の世界共通のシンボル

になっていて、最近は日本でも多くの機関で採用されています。

 

白蛇神社に限らず、運気を上げる方法として

脱皮した蛇の皮をお守りとして

財布に入れたりするのは、強力な生命力のパワーで守護される

ばかりではなく

こと、お金に関していえば、くりかえし再生して

お金が回ってくるということを願っていたのかもしれませんね。

 

神社参拝の途中でそんなことを考えていました。

続きを読む>>> 神社参拝途中で考えた?へびには強い生命力や再生のパワーがあるのだろうか

金運をアップする神社の紹介

まだ、お社も新しい岩国の白蛇神社の動画情報を見つけました

国の天然記念物しろへびをお祀りする 岩国の白蛇神社はまだ新しい神社です

 

ことしが巳年なために白蛇信仰のある神社を

参拝されるのもよいのではと先日記しましたが

■財団法人 岩国白蛇保存会【住 所】 山口県岩国市今津町6丁目4-2(白蛇今津観覧所)

が管理している

国の天然記念物「岩国のシロヘビ」は、

岩国白蛇保存会のHPの記事を

引用させていただきますと

文化財として貴重な国民的財産で大切に保存することを

義務づけられており、また、出来るだけ公開して、

その学術的価値の認識を広めねばなりません。

そのために、諸施設を設置して一般の観覧に供しています。

屋外施設でふ化した幼蛇を、屋内施設に収容し、

生後3年まで人工的に飼育管理をします。

成長したシロヘビは、再び屋外施設に放飼し、自然に近い環境の中で、

保護増殖を図っています。

岩国市民のシロヘビに寄せる愛着は深く、住みつけば瑞兆と喜ばれ、

福運金運の神の使いとして、崇蛇の遺風が伝えられています。

 

というように記されています。(同保存会ホームページより引用)

そのためこの貴重なしろへびを祀った

神社が作られて間もない(平成24年11月に神社が完成)

ために参拝させていただいたことがないのですが

偶然、岩国の白蛇神社の様子がわかる動画を見つけましたのでご紹介しておきます。

もし、近在の方はお参りになられたらいかがでしょうか

一度訪れてみたいと考えている金運神社のひとつです。

お社(やしろ)もとても新しくすがすがしい感じがします。

金運をアップする神社の紹介

巳年の金運神社は白蛇信仰のある神社を参拝するのもよいでしょう

2012年は辰年

で龍がいろいろとシンボリックに扱われてきましたが

辰年はいろいろ運気に変化が多く乱れる年という説も多く

気象を含め金融経済などにも「乱」現象が見られた年だったような気がいたします。

 

開けて当年

2013年は巳年、へびどし

書店で販売されている運勢学の書物などにも書かれていることですが、

巳には、始まるという意味もあるそうです。

世の中は目まぐるしく変化し、色々なことが次から次から起こりますが

一度スタート地点にもどってここよりまた始まるということなのでしょうか?

 

金運神社参拝にあたって、ことしは特に蛇に関して、

白蛇信仰のあるところを調べて行かれるのも

良い考えかと思います。

 

むかしから蛇は金運がアップするなどとも言われ、そのような理由から、

蛇の脱皮した皮を、お財布の中に入れて置くと、お金が貯まるという言い伝えを

いちどは聞いたことがあるのではないかとおもいます。

 

白蛇は蛇のなかでも遺伝子に色素が欠ける要素をもった特別な個体(アルビノ)で、

からだの色が白色な蛇なのですが

個体数も非常に少なく珍しがられ、神のお使いさまとしても

特にパワーのあるものとして各地において崇拝されるようになったようです。

そんな白蛇信仰のパワースポットでもある金運神社参拝のご参考になればと思い

後日いくつかご紹介しようと思います。