運気を上げる方法の紹介

神社でおすそ分けしていただいた福銭をどうしたものか考えてみた

福銭を財布の中に入れて持ち歩いていたら 一年が過ぎていたという方も多いでしょう

銭洗い弁天さまで、きれいに洗った小銭を(なかにはお札の方も?)

大切にお財布の中に入れている方は多いのではないでしょうか

 

あるいは、こういった金運に関わる神社でお祓いを受けたとする5円玉などを

「福銭」として頂いた場合みなさんどうしておられるのでしょうか???

 

これまで、自分はこういった「福銭」を商売のタネ銭が尽きないようにということで

あるいは、「福銭」がまたお金を呼び込んでくるようにと

使わずにお財布の中に入れて大切に持っていたのですが

逆にお金回りをよくするためにと、市場でお金が回るように

すぐ「福銭」を使った方がいいよという方もいらっしゃいました。

 

これまで訪れた神社の宮司さんに伺ってみても、

諸説あるようです。

 

最近では巳年の月の巳の日にこういった「福銭」を積極的に使うと

いいという話を小耳にはさんだこともあり

これからは、お財布の中に眠らすのではなく使っていこうかなという考え方になってきました。

 

金運神社を参拝するだけでなく、

こうした小さなことから変えていくのがやはり大切かと思います

金運をアップする神社の紹介

まだ、お社も新しい岩国の白蛇神社の動画情報を見つけました

国の天然記念物しろへびをお祀りする 岩国の白蛇神社はまだ新しい神社です

 

ことしが巳年なために白蛇信仰のある神社を

参拝されるのもよいのではと先日記しましたが

■財団法人 岩国白蛇保存会【住 所】 山口県岩国市今津町6丁目4-2(白蛇今津観覧所)

が管理している

国の天然記念物「岩国のシロヘビ」は、

岩国白蛇保存会のHPの記事を

引用させていただきますと

文化財として貴重な国民的財産で大切に保存することを

義務づけられており、また、出来るだけ公開して、

その学術的価値の認識を広めねばなりません。

そのために、諸施設を設置して一般の観覧に供しています。

屋外施設でふ化した幼蛇を、屋内施設に収容し、

生後3年まで人工的に飼育管理をします。

成長したシロヘビは、再び屋外施設に放飼し、自然に近い環境の中で、

保護増殖を図っています。

岩国市民のシロヘビに寄せる愛着は深く、住みつけば瑞兆と喜ばれ、

福運金運の神の使いとして、崇蛇の遺風が伝えられています。

 

というように記されています。(同保存会ホームページより引用)

そのためこの貴重なしろへびを祀った

神社が作られて間もない(平成24年11月に神社が完成)

ために参拝させていただいたことがないのですが

偶然、岩国の白蛇神社の様子がわかる動画を見つけましたのでご紹介しておきます。

もし、近在の方はお参りになられたらいかがでしょうか

一度訪れてみたいと考えている金運神社のひとつです。

お社(やしろ)もとても新しくすがすがしい感じがします。

神社への参拝作法

神社参拝は午前中がいいのか?

神社参拝の時間帯を選ぶなら

 

 

神社参拝時間は、一般に午前中がよいと言われています。

午前中は陽の気が満ちていて

本来日没後は陰の気が満ちるので参拝には良くない

という説がよくいわれますが

しかし、日本の代表的な伊勢神社の遷宮祭に関する行事は

何年にもわたり時間をかけて行われますが

(神様のお引越しといったものです)

行事は夜中に行なうものが多く、そのなかでももっとも重要とされる

遷御(せんぎょ)

という儀式では、闇の中を神職らに前後を守られて、

御神体が白い絹の垣に囲まれ、旧殿を出御(しゅつぎょ)し、

新しい御正殿に入御します。

また遷御が斎行される月日は、天皇陛下が定められることになっています

 

これからみると、日没後はつまり神様方の時間帯だから

人間はご遠慮するというとらえ方が正しいのかもしれません。

 

現実的には早朝の参拝はまだ参拝者が少ないために、

神社の神域の気が乱されていないうえ

観光客の大群に押しのけられるような思いすることもなく

早朝独特なすがすがしさも味わえるので、ベストではないでしょうか

続きを読む>>> 神社参拝は午前中がいいのか?

運気を上げる方法の紹介

金運とはお金のエネルギーの流れではないでしょうか

きょうは ちょっと根本的な問題について考えてみました

金運とはお金のエネルギーの流れ?

金運神社に参拝するのは、だれしも「金運」があがることを望むからに間違いありません。

ただ、勘違いしてはいけないのは金運があがるということを

ただお金が集まってくることと勘違いしないことだということです。

 

お金がとにかく集まればいい、自分のところに集まればいいというだけで

 

金運神社や財運アップのご利益のある神社に参拝するのは

ちょっと違うのではないかということです。

 

「運」というのはやはり目に見えないけれど一種のエネルギーの流れだと思います。

金運にしてもお金が集まってそして流れていく、よどみのない流れをつくることが

金運をあげるということになるのではないでしょうか。

 

引き寄せの法則は確かにあるようですが、ただお金という見に見える物質が集まってくるだけで

うまく流れなくなるのでは、ごみが自分の周りに吹き溜まりになっているようなものではないでしょうか。

 

お金持ち、ミリオネアとか呼ばれる人は、お金を貯めるだけではなく投資という形でお金をうまく流して

さらにお金を生み出しています。また、そういったミリオネアはかなりの額を社会的な事業などに

寄付しているのもみなさんご承知の通りです。

 

これが何を意味しているのか?

 

よくいわれるようにゴミがたまった部屋には良い運気は入ってきませんね

だって流れることができないのですから。

 

いまそのための運気改善方法をいろいろ調べていますので、もう少しお待ちください。

いい情報があったらご紹介しようと思います

 

 

 

続きを読む>>> 金運とはお金のエネルギーの流れではないでしょうか

神社への参拝作法

鳥居は神様のおられる神域の内と外を分ける境界に立っています

神社について最初に見上げるのが 鳥居ではないでしょうか

 

鳥居は神社を表示し、また神社のもつ神聖さを象徴する建造物だといえます。

 

鳥居は神社の内と外を分ける境に立てられていて

鳥居の内は神様がお鎮まりになる御神域として区別されています。

 

だから、鳥居をくぐるときにはやはりお辞儀をして、

これから神域に入らせていただきます、という気持ちを表す必要があるわけです

鳥居の語源としては

昔、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が

天の岩屋にお隠れになったときに、

八百万の神々が天照大御神お顔を出していただくてめに

夜明けが来たことを知らせるため鶏を鳴せたという神話がありますが、このとき鶏が

止まった木を鳥居の起源であるとする説がよく知られています。

 

あと気を付けた方がいいと思うのは、鳥居の中央部は神様がお通りになる

部分なので、われわれ人間は中央部を避けて端を歩いた方がいいと思います。

 

鳥居の形状は神社によって微妙に異なり、一説では60種類くらいあるという

ようですが、わかりやすいのは、

鳥居上部の横柱が一直線になっている神明(しんめい)鳥居と

この横柱の両端が上向きに反っている明神(みょうじん)鳥居のタイプでしょう。

そんなところに注目しながら神社めぐりをするのはなかなか楽しいものです。

 

神社への参拝作法

柏手を打つならこうするといい音がしますよ

神社にお参りするときの柏手を打つときに

ちょっと知っておくといいことをひとつ。

 

柏餅でご存知の柏という植物の葉のような形に手を合わせるので

柏手というのだという説もあるみたいですが

柏手を打つには、両掌を合わせて左右に開いたのちに

掌をあわせるときに音を出すわけですが、両手をぴったり平らにして

あわせると音がしにくくなります。

 

音を良くするには、左手指股の部分に右手指先(小指先)があたるように

するとパンパンといった乾いたいい音がしますよ、お試しあれ

 

拍手の回数にははいくつか種類があります。ごく一般的な「二拝二拍手一拝」をはじめとして、

回数が3回以下のものは「短拍手あるいは短手(みじかて)」と呼ばれるそうです。

出雲大社、宇佐八幡、弥彦神社の4回、

伊勢神宮の8回

(もっとも8回打つのは神職の方がなさるようで一般の方の場合は二拝二拍手一拝のようです)

このように4回以上手を打つものは「長拍手あるいは長手(ながて)」と呼ばれるそうです。

柏手の音については、神様に願いを聞いていただくためにお聞かせするとか、

邪気を追い払うためとか諸説あるようです。

 

自分は何かこの柏手を打つと、そのはりつめた音にきりっとした緊張感が走るのが好きです。

 

 

 

神社への参拝作法

金運祈願に開運礼拝作法マニュアルがある

最近、金運神社に行ったいう人の話を立て続けに聞きます。

各地に金運・財運の開運のための神社があると聞きます。

興味があったので、参拝したらどんな感じだったか聞いてみたんですけど、

参拝の帰り道の車中に、携帯に電話がかかってきて、 新しい仕事が決まったり、

参拝後から、自分の扱っている製品が売れ出したり、 経営している会社が大口の案件を取ってこれて

利益がこれまでになく 大きなものになったり

結構、金運アップの効果を実感したって言う人が多いようです。

どうりでみんな行くわけだと思ったのですけど、

でも良く話を聞いてみると、結構適当に参拝をしているみたいで、

●お賽銭はいくらがいいのか?

●神社にある手水の使い方はどうしたらいいのか?

●たくさん金運アップのお願いごとをしてもいいのか?

などとわからないことだらけです

なぜって、神社とかって、 ちゃんとした参拝の仕方とかがあるというじゃないですか。

 

つまり金運神社の正しい参拝作法ですね

なのに、そういう情報はなかなか耳にはいらないんですよね。

知り合いが言ってましたが 「参拝の仕方で、金運・財運の開運効果がきっと変わると思う」と

強く言うものですから せっかく行くなら、正しい参拝作法を知りたいなと思ったのです。

で、調べてみました。

金運神社へのちゃんとした参拝の方法が無いかって?

そうしたらこんなのを見つけたんです。 とても幸運でした。

金運祈願にベストな ◆開運参拝作法マニュアル◆ があるそうです