金運をアップする神社の紹介

招き猫ゆかりの豪徳寺を訪ね金運招福を願掛けしてきました

奉納所の招き猫たち

世田谷百景のひとつ

招き猫で有名な小田急線の豪徳寺にお参りしてきました。

曹洞宗のお寺さんで立派な門を入ると

これまた見事な松並木の参道が

あり圧倒されます。

いまどき境内に到着するまでにこれだけ

見事な参道がある寺社は少ないと思います。

 

しばらく歩いていくと背の高い山門があり

境内に入ります。

正面には巨大な狛犬と香炉がお出迎えです

 

巨大な狛犬と香炉が現れます

 

社務所でいただいた

まねきねこ(招福猫児)の由来という

まねきねこを求めた時にいただける

小さいリーフレットに書いてあるところによると

こちら豪徳寺は、昔はいたって貧しいお寺であって

雲水修行をしてようやく暮らしを立てるような

日々を送っていたようです。

その当時の和尚さんが猫好きで

自分の食事を分け与え

子供のように可愛がって育てていたのだそうです。

和尚さんが、猫に

「汝わが愛育の恩を知らば何か果報を招来せよ」と

言い聞かせたところ

とある夏の日に、

鷹狩の帰り道とおぼしき身分の高そうな武士が

門前に馬を止めて、

「寺の前を通りかかったところ、

寺の中から猫がうずくまり自分たちを

手招きしているのが見えたので不思議に思い訪ねてまいった。

しばし休憩をさせてほしい」と申し出られ

和尚が急いで奥へ招き入れたところ、急に天気が

かわり雷の鳴る夕立になってしまったのですが、

和尚はそれにも動ぜず

お茶をお出しして説法をしたところ、くだんの武士は

いたく感心して

自分は彦根藩第二代藩主・井伊直孝であると身分を明かし

後日荒れていたこの寺に多額の寄進をして

おかげで、豪徳寺は立派な伽藍をもった寺に生まれ変わったと

いうようなことが書いてありました。

この出来事をもって、猫寺とも称されていたようです。

 

後日談として、和尚はこの猫が死ぬと墓を建てて弔い、

後世には境内に招猫堂が建てられ、

猫が片手を挙げている姿をかたどった

招福猫児(まねぎねこ)が作られるようになった

ということです。

 

こうしたご縁で

豪徳寺は井伊家の菩提寺となった

といわれています。

続きを読む>>> 招き猫ゆかりの豪徳寺を訪ね金運招福を願掛けしてきました

運気を上げる方法番外編

福銭を見つけてご縁と五円玉と運気上昇について考えてみた

福銭(FUKUZENI)

 

新年にお参りすると 神社によっては福銭をいただけることがあります。

きょうはコーヒーを飲んでお勘定をする時に

お財布の中から小銭と一緒に

こんなものが手のひらの上にこぼれ出てきました

 

ご縁のありますように五円玉の福銭です

この福銭

だいたいが、ご縁と五円(ごえん)の音をかけた

語呂合わせなのか五円玉のことが多いです。

五円玉に紅白のあやひもを結び付けて、デコレーションして

ご縁を結ぶ、だから福銭というような感じですね。

じつは、この福銭というのは外国人の方にプレゼントすると とても喜ばれることが多いのだそうです。

 

管理人のむかしの経験談になるのですが、

だいぶ以前、正月にかけて香港旅行に行った際に

友人から頼まれて、現地でガイドしてくださることになった

かたに、お礼として何か気の利いたものをと考えつめて….

 

せっかくだから、日本らしくて幸運にあやかるものを

と思って

(KAWAIIが日本発キーワードと騒がれていたのもあって)

 

日本の百貨店で、きれいな招き猫の置物を購入して

立派に可愛くラッピングしてもらって持参したんですが

 

なんと

 

現地の百貨店にも金色に塗られた極彩色の

招き猫とか、両手にお札を持った招き猫とかが

ラッキーグッズとしてたくさん売られていて

思わずプレゼントの包みを渡すとき、冷や汗をかいた経験があります。

 

あの時は、扇子とか日本人形とかアニメフィギュア

の方がかえってよかったなと後悔しておりました。

 

そうそう、福銭が外国の方に喜ばれる理由でしたね。

 

 

実は、流通している硬貨に穴あきのものが

使われている国は

ノルウェー、デンマークとか非常に少ないらしいのです。

 

そういえば

管理人も手持ちの外国コインをみたら、8角形のものは

見つかりましましたが、穴あきコインはなかったですね

 

福銭が五円玉であることは

穴あきコインということだけでも珍しいことらしく

さらに、紅白のあや紐(外国の方から見るとリボン?)

でかわいらしく結ばれていると、

興味を示される方が多いのだそうです。

続きを読む>>> 福銭を見つけてご縁と五円玉と運気上昇について考えてみた