財運をアップする神社の紹介

江ノ島にも金運財運アップにご利益のある銭洗い池がありました

江ノ島銭洗いの白龍池

行ってきました江ノ島「銭洗い白龍王」の白龍池

江の島神社で、

近年、

金運財運アップの強力なパワースポットとして

観光客が各地からお目当てにやってくるのが

「銭洗い白龍王」の白龍池です。

ここに銭洗い池があるのです。

 

 

場所はというと

江ノ島に入って、江ノ島名物

エスカー1区の

江島神社辺津宮(へつみや)の向かいあたりに

あります。

 

むかしは

江の島の頂上に行くには

数百段の階段をひたすら登っていかなくては

ならなかったのですが

国内初の屋外型エスカレータとして

昭和34年に4つの短いエスカレータを乗り継いで

江ノ島頂上までいくことができる

エスカーができました。

 

この池はエスカー1本目の出口付近に鎮座しています。

 

以前紹介した、

鎌倉市佐助にある宇賀神神社。

通称「銭洗い弁天」も

強力な金運パワースポットですが

箱根・鎌倉・湘南の地には

このような金運・財運アップの場所が

多いのはうれしいものです。

 

 

池の正面には「龍神と銭洗い」の立て札があり ご由緒が書いてあります。

 

要約すると

もともと、岩屋の洞窟にお祀りされていた

弁財天と龍神様のおられた場所に

ある霊水で金銭を洗うと金運・財運が向上するという

ご利益で賑わったようですが

近年、こちらの白龍池に移されたということのようです。

 

 

近くには銭洗いにはつきものの小ぶりの竹ざるが おいてありました。

 

金運・財運向上を願ってさっそく 洗わせて頂きました

 

こちらの池はちょっと変わったところで

続きを読む>>> 江ノ島にも金運財運アップにご利益のある銭洗い池がありました

運気を上げる方法の紹介

縁起のいいお酒 開運 を初めて知りました

「金運」というお酒はなかったけれど「開運」がありました

 

以前金運をアップするには地酒が有効らしい

ということを書いたのですが

残念ながら「金運」という名そのものズバリの

お酒にはであったことがありません

ところが先日

創業、明治5年。

静岡県の土井酒造というところが製造販売している

「開運」という名の日本酒があることを知りました。

日本酒初心者から日本酒通まで幅広い支持を得る逸品。開運の隠れた銘酒です!開運(かいうん)…価格:5,093円(税込、送料別)

 

吟醸酒に強いメーカだということで

石川県出身の杜氏を中心に醸造が行われていて

杜氏の氏名を冠した

「波瀬正吉」という銘柄を

最上位ブランドとして発売しているので

なかなか有名なのだそうです

原料としては兵庫県の山田錦や地元の米を厳選使用。

高天神城跡がある高天神山が

蔵元の近隣に位置しているため高天神山の天然の湧き水(長命水)を

仕込みに使っているなど

まさに地のものの恵みを頂く酒に仕上がっているようです。

ちなみに

●開運 大吟醸 金賞受賞酒

種類: 大吟醸原料米:山田錦(兵庫県産)日本酒度:+5アルコール:17~18%

●開運 能登流「 波瀬正吉」 山田錦

読み: はせしょうきち種類: 大吟醸原料米: 山田錦(兵庫県産)精米歩合: 35%使用酵母: 静岡酵母日本酒度: +6酸度: 1.2アミノ酸度: 0.6アルコール:

続きを読む>>> 縁起のいいお酒 開運 を初めて知りました

運気を上げる方法の紹介

神社でおすそ分けしていただいた福銭をどうしたものか考えてみた

福銭を財布の中に入れて持ち歩いていたら 一年が過ぎていたという方も多いでしょう

銭洗い弁天さまで、きれいに洗った小銭を(なかにはお札の方も?)

大切にお財布の中に入れている方は多いのではないでしょうか

 

あるいは、こういった金運に関わる神社でお祓いを受けたとする5円玉などを

「福銭」として頂いた場合みなさんどうしておられるのでしょうか???

 

これまで、自分はこういった「福銭」を商売のタネ銭が尽きないようにということで

あるいは、「福銭」がまたお金を呼び込んでくるようにと

使わずにお財布の中に入れて大切に持っていたのですが

逆にお金回りをよくするためにと、市場でお金が回るように

すぐ「福銭」を使った方がいいよという方もいらっしゃいました。

 

これまで訪れた神社の宮司さんに伺ってみても、

諸説あるようです。

 

最近では巳年の月の巳の日にこういった「福銭」を積極的に使うと

いいという話を小耳にはさんだこともあり

これからは、お財布の中に眠らすのではなく使っていこうかなという考え方になってきました。

 

金運神社を参拝するだけでなく、

こうした小さなことから変えていくのがやはり大切かと思います

金運をアップする神社の紹介

銭洗い池のある金運神社:三光稲荷神社

今回注目の金運神社には銭洗い池がありました

 

天守閣が現存する最古の城で有名な国宝犬山城を

訪れました。

この地には

尾張五社と呼ばれる神社のうちの

(熱田神宮、尾張大国霊神社(国府宮神社)、 千代保稲荷神社 、津島神社、針綱神社)

のひとつである針綱(はりつな)神社があります。

 

愛知県犬山市にある針綱(はりつな)神社は

平安時代中期に編纂された格式(法律)である

延喜式のなかに記されている神社一覧表にあたる項目にも

記載されている由緒ある神社で、

太古の昔にこの地に鎮座されて

濃尾の国の総鎮守として信仰を集めてきたそうです。

ご利益としては東海鎮護・五穀豊穣・水産拓殖

・厄除け・安産・長命の神様として崇拝されていたのだそうです。

特に、天文6年(1537年)に織田信長の叔父にあたる

織田信康公が自ら手彫りの狛犬一対をお納めしたことで

安産信仰にも深いご縁があるそうです。

歴史的には何度も遷座を繰り返しています。

 

1537年(天文6年)8月28日、

織田信長の叔父である織田信康が、

木の下城をこの神社のあった土地に移築しようと考え、

現在地から犬山市白山平

(犬山城の東方にある山)に遷座したそうです。

その69年後の1606年(慶長11年)4月8日、

白山平から名栗町に再び遷座され、

犬山城主である成瀬氏の祈願所となりました。

時代は過ぎて、1882年(明治15年)9月28日、

名栗町から、1537年(天文6年)までもともとの座地で

あった現在地に遷座され、現在に至っているということです。

 

今回金運神社として取り上げるのは この針綱神社の隣にある赤い鳥居がたくさん並ぶ 三光稲荷神社です。 ■〒484-0081 愛知県犬山市犬山北古券65-18

 

こちらには、先述しました鎌倉の銭洗い弁天と同様

ご神水で小銭を洗うとお金が増えて戻ってくるという

銭洗い信仰の流れをくむ銭洗いの池があります。

立て看板には説明書きが書いてありました

 

100円でろうそくを求め、お借りしたざるを持って

灯りを稲荷神社にささげたのち、ざるに

お金をいれて洗い清めるとお金が何倍にもなって

戻ってくるとの信仰があります。

 

 

また、このご神水で清めた福銭を持っていると

続きを読む>>> 銭洗い池のある金運神社:三光稲荷神社

運気を上げる方法の紹介

来る年も金運神社参拝を続けていきます

来たるべき新年にむけて 運気をパワーアップする方法を読んでいます

 

先日入手した「新年パワーアップレポート」には

年の初めの初詣だけにとどまらず

一年をパワーアップして活動するための情報についてもかなりの

量が割かれているので、実は年間を通じての運気改善に役立ちます。

 

運気をパワーダウンさせる

ことについての注意点は、ふだんなにげなくしていることや

生活についてもっと気を付けようという気持ちにしてくれます。

 

そういった意味で

このおレポートは金運だけにとどまらず、

全体の運気を上昇させたいと考える方にしか

読んでいただきたくない、重要なメッセージにあふれていました。

 

自分も、来る年も引き続き金運神社参拝を続け、

運気上昇・金運アップの参拝法を

調べて、みなさまにご紹介していきたいと思っています

運気を上げる方法の紹介

新年パワーアップの情報をご提供します

来たるべき新年にむけて 運気をパワーアップする方法があります

 

じつは先日入手した「新年パワーアップレポート」なるものを精読しておりました。

大きくは

1.一年の願いをかなえる初詣に関する情報

(新年をパワーアップして迎える方法)

2.一年をパワーアップして活動するための情報

で構成されており本編だけで122ページもある大作です。

 

本編は前半部で2013年版の新年をむかえるにあたり、もっとも

運気改善・アップにつながる参拝の前にしておくべきこと、

初詣参拝の日にちの選び方・参拝の作法等々わかりやすく解説されています。

後半は、一年間を通じてパワーアップを図る簡単な方法、

逆に運気をパワーダウンさせる

ことについての注意点も書かれておりとても実践的です。

これらの運気は金運・財運をはじめ健康運・仕事運・恋愛運など

すべての運気改善に通じているといえます。

 

さらに、7つもの特典がつくのですが

そのひとつは、聴いているだけで年収を2倍にするためのマインドセットを

作るための音源がついてきます。特殊な方法でつくられたもので他では入手できません。

使い方はとても簡単で、ipodにでもいれて聞き流していていいのです。

また、パワーアップに関連した音源もいくつか付属します。

 

じつは、自分は昨年もこのレポートの2012年版を幸運にも入手でき

大いに恩恵を被ったのを実感していましたが、2013年版も入手できると

いうことであわてて入手に奔走しました。

 

 

本当のことをいうと 2012版で語られていた、

12月の押し迫ったある特定の日に「やるべきこと」

を行うために、少しばかり記事に記すのが遅れてしまいました。

 

初詣という一年の初めの行事を大切に扱うことで、確かに運気は向上します。

 

新年パワーアップを図りたい方は

下記の「新年パワーアップレポートの情報希望」フォームから

必要事項をご記入の上

送信下さい。 折り返し情報をお送りいたします

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名 [新年パワーアップレポートの情報希望]

メッセージがございましたらご記入ください(注:HTMLタグは記入できません)

続きを読む>>> 新年パワーアップの情報をご提供します

金運をアップする神社の紹介

手ごろな散策に、銭洗弁天をお忘れなく!

関東地方にお住まいの方で

行楽を兼ねて鎌倉の銭洗弁天に行かれた方は多いでしょう。

正式名称は

銭洗弁財天宇賀福神社

(ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ)といいますが

神奈川県鎌倉市佐助にある神社です。

 

洞窟の入り口近くには宇賀福神さまのお社があり、

洞窟の中のお社は銭洗弁財天さまをお祀りしています。

境内洞窟にある清水で硬貨などを洗うと増えると

伝えられていることから、

銭洗弁財天(銭洗弁天)の名で知られ、

休日に限らずとても観光客の多い場所です。

 

ここは金運神社のひとつとして忘れてはならない

パワースポットだと思います。

 

庶民の金運に恵まれるようにと思う気持ちは

みな同じなようで

一万円札や宝くじまで洗う人がいるそうですので

ほほえましい限りです。

 

散歩を兼ねて鎌倉散策のコースにぜひ加えておきたいところです

JRの鎌倉駅から徒歩で約20分くらいはかかります。

この神社の由来などについてはまた後日。

財運をアップする神社の紹介

ジャンボ宝くじの季節に思い出すのはあの神社!

ジャンボ宝くじもとうとう6億円までになりました

年末になると思いだすのですが

まだ行ったことがないので、

一度訪れてみたいと思っている神社があります。

 

ジャンボ宝くじの販売時期になると、マスコミでも

取り上げられて名の知れている神社に

宝当神社(ほうとうじんじゃ)があります。

 

この神社は佐賀県唐津市の唐津城の

北方約2kmの唐津湾上に浮かぶ島、高島にある神社です。

宝くじとのかかわりは

1990年代にある住民が宝くじを購入した際、

神社名にあやかり

この神社に当選を祈願したところが、

思わぬ高額当選した事をきっかけに、

「この神社に祈願すれば宝くじが当たる」という

評判が立つようになったからです。

この神社が有名になる以前は、

唐津から高島にわたる高島航路の利用者は

住民と釣り人や教師などが乗船する程度であったそうです。

もともと島には食事ができるような施設もなかったようですが、

最近ではジャンボ宝くじが発売されるたびに

高額当選祈願の人がこの神社を来訪するようになり、

島おこしグループなどが運営する会社により

来訪者への様々な施設も整備されてきてブームになっているということです。

敷地内では一般的なお札や厄除けなどの他、

必当御守や宝当あたり矢など宝くじにちなんだ品物が販売されていて、

なかでも有名なのは

開運宝当袋だそうです

 

高額当選を祈願する人は次のような手順を踏むと良いそうです。

 

最初に神社境内でお札を授かり、開運宝当袋に収めます。

そこに高額当選祈願の気持ちを込め、開運宝当袋に運気をたっぷり入れて

袋の口をしっかりしめて、運気を漏らさないように

持ち帰ってくださいとのこと。

帰ったら神棚など、

目線より上に置いてひたすら当選を待ちます。

宝くじを買うたびに、開運宝当袋に入れるのが大切だと

いわれているのだそうです。

 

自分で確かめたことはないので、真偽のほどは定かではありませんが

知る人ぞ知るという穴場だそうです。

 

それにしてもなかなか刺さる名前の神社ですね

続きを読む>>> ジャンボ宝くじの季節に思い出すのはあの神社!

運気を上げる方法の紹介

金運とはお金のエネルギーの流れではないでしょうか

きょうは ちょっと根本的な問題について考えてみました

金運とはお金のエネルギーの流れ?

金運神社に参拝するのは、だれしも「金運」があがることを望むからに間違いありません。

ただ、勘違いしてはいけないのは金運があがるということを

ただお金が集まってくることと勘違いしないことだということです。

 

お金がとにかく集まればいい、自分のところに集まればいいというだけで

 

金運神社や財運アップのご利益のある神社に参拝するのは

ちょっと違うのではないかということです。

 

「運」というのはやはり目に見えないけれど一種のエネルギーの流れだと思います。

金運にしてもお金が集まってそして流れていく、よどみのない流れをつくることが

金運をあげるということになるのではないでしょうか。

 

引き寄せの法則は確かにあるようですが、ただお金という見に見える物質が集まってくるだけで

うまく流れなくなるのでは、ごみが自分の周りに吹き溜まりになっているようなものではないでしょうか。

 

お金持ち、ミリオネアとか呼ばれる人は、お金を貯めるだけではなく投資という形でお金をうまく流して

さらにお金を生み出しています。また、そういったミリオネアはかなりの額を社会的な事業などに

寄付しているのもみなさんご承知の通りです。

 

これが何を意味しているのか?

 

よくいわれるようにゴミがたまった部屋には良い運気は入ってきませんね

だって流れることができないのですから。

 

いまそのための運気改善方法をいろいろ調べていますので、もう少しお待ちください。

いい情報があったらご紹介しようと思います

 

 

 

続きを読む>>> 金運とはお金のエネルギーの流れではないでしょうか

神社への参拝作法

箱根神社のご神徳とはなんでしょうか

「心願成就」 いつの世も、こころのなかの秘めた願いを かなえてくださいとねがうもの

 

箱根神社は、古来より、

関東総鎮守箱根大権現と尊崇されてきた名社で、

心願成就・開運厄除・交通安全に

御神徳の高い開運の神様として信仰されています。

もちろん心願成就ですから、金運・財運アップをお祈りするのは当然のことです

もともと聖占上人という方が箱根山の駒ケ岳より、主峰になる山を「神体山」として

お祀りされてから、関東における山岳信仰の一大霊場となったということです。

箱根神社元宮を訪れるとよくわかると思います。

のちの世の万巻上人は仏教の中でも修験道を極め、強くこの箱根神社と結びついていったようです。

 

箱根路が平安初期に通じるようになると、旅の途中の安全祈願をと

箱根神社をお参りする人が増えたそうです。

鎌倉時代、源頼朝は箱根神社を崇拝し、以降の武家隆盛の時代に至るまで

多くの信仰を集める神社になっていったようです。

こんな箱根神社ご参拝のご祈願には ◆開運参拝作法マニュアル◆ が役に立つとおもいますよ。