金運をアップする神社の紹介

金運神社としての銭洗弁財天宇賀福神社の由来

お金を水で洗うと倍になる?

通称、銭洗弁天

銭洗弁財天宇賀福神社は鎌倉時代に建てられた神社です。

 

もともとこの神社が建てられたのには

源頼朝が関係しています。

平安末期の鎌倉は災害が続いて庶民は貧困にあえいでいたため、

源頼朝が世の救済を祈願した場所なのです。

言い伝えによれば

巳の年の文治元年(1185年)の巳の月、巳の日の巳の刻、

宇賀福神からの源頼朝の夢にお告げがあり

「この地に湧き出す水で神仏を供養せよ、

そうすれば天下泰平の世が訪れる」とのお告げを信じ

さっそく源頼朝はこの地にやしろを建て

宇賀福神をお祀りしたそうです。

 

その後、この甲斐あって世の中の混乱は

収まったと伝承されています。

この話が発展していつの頃からか、いろいろ変形して

こちらに湧き出る霊水でお金を洗うと倍になると言う

信仰が生まれたらしいのです。

 

とても即効性のあるご利益に結びついたものですね。

金運神社としてはなかなかのものです。

こちらの湧き水は鎌倉五名水の一つに数えられ

とても貴重なものです。この水をペットボトルに入れて持ち帰るひともいるそうです。

 

なにより洞窟内でお水を使わせていただくのは無料なので人気があるのかもしれません。

巳の日の縁日には特に多くの参拝者で賑わいます。

金運をアップする神社の紹介

手ごろな散策に、銭洗弁天をお忘れなく!

関東地方にお住まいの方で

行楽を兼ねて鎌倉の銭洗弁天に行かれた方は多いでしょう。

正式名称は

銭洗弁財天宇賀福神社

(ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ)といいますが

神奈川県鎌倉市佐助にある神社です。

 

洞窟の入り口近くには宇賀福神さまのお社があり、

洞窟の中のお社は銭洗弁財天さまをお祀りしています。

境内洞窟にある清水で硬貨などを洗うと増えると

伝えられていることから、

銭洗弁財天(銭洗弁天)の名で知られ、

休日に限らずとても観光客の多い場所です。

 

ここは金運神社のひとつとして忘れてはならない

パワースポットだと思います。

 

庶民の金運に恵まれるようにと思う気持ちは

みな同じなようで

一万円札や宝くじまで洗う人がいるそうですので

ほほえましい限りです。

 

散歩を兼ねて鎌倉散策のコースにぜひ加えておきたいところです

JRの鎌倉駅から徒歩で約20分くらいはかかります。

この神社の由来などについてはまた後日。

神社への参拝作法

九頭龍神社の龍神水はお頒かちいただけます

九頭龍神社へ参拝船でお参りをすると、御供をいただけるので

芦ノ湖に小豆とお米を投げ入れてお願いごとをしてくることになりますが

参拝船に乗るときに、あらかじめご祈祷をお願いする用紙に願い事を

書くことになっているとお伝えしましたが、神職さんが九頭龍神社本宮で

神様にお取次ぎをしてくださったあと、箱根神社へ戻ってくると

そこでこんなペットボトルに入った龍神水を頒けてくださいますので

有難く頂戴しておきましょう。

のどが乾いたら飲んでしまってもよし、自宅に帰ってから

ご飯を炊いてもいいですね。

もっとも、九頭龍神社新宮には龍神様の口からわき出る

霊水を自由に汲める口があるので、詰めて帰るのもいいと思います

神社への参拝作法

三社参り(九頭龍神社・箱根神社元宮・箱根神社)がおすすめです

三社参りのおすすめ

せっかく九頭龍神社にお参りしたなら

船で元箱根にもどりついてから

ロープウェーを使って駒ヶ岳山頂に鎮座する

箱根神社の元宮と

ふもとの箱根神社の三社を

きちんとお参りするといいでしょう。

 

箱根神社すぐ横には九頭龍神社の分社である新宮

がありますので、こちらもしっかりお参りしてください。

 

本宮と比べて、

少しばかり空いているかなと思いますので

こころおきなく参拝できます。

霊水といわれる龍神水をペットボトルに汲めるのは

ここですよ。