財運をアップする神社の紹介

金のなる石(金鳴石)の初山宝林寺を訪ねキンキン祈願の音を響かせてきました

座禅で悟りをひらくのが特徴でもある禅宗では

臨済宗、曹洞宗についで3番目に多いと言われているの

が黄檗宗(おうばくしゅう)です

 

黄檗宗と言えば、お菓子や煮豆に使われる

おなじみの「いんげん豆」の名前の由来である

隠元(いんげん)禅師によって

創建された京都宇治にある萬福寺が大本山になります。

 

黄檗宗というのは唐の僧,黄檗(おうばく)という方が

修行の拠点であったお堂のある山を黄檗山と名付けて

から定まったもののようです。

 

日本の京都の萬福寺のお手本となった

中国福建省萬福寺を敬って古黄檗(萬福寺)という

呼び方もあるようです。

 

管理人はまだ訪れたことがないのですが、

中国の黄檗山萬福寺を模して、明朝様式の禅寺を

隠元禅師とともに渡来した職人さんたちが

つくったのが京都の萬福寺なので

中国風の伽藍たたずむ独特な風景だと言うことです。

 

今回訪れたのは

奥浜名湖のパワースポット

じつは

「お金の成る石」「宝くじが当たる石」として

知る人ぞ知ると言うことで隠れた参拝者の多い

初山(しょさん)宝林寺を参拝して、

珍しい金鳴石(金成る石)の響きを聞いてきました。

 

 

初山(しょさん)宝林寺創建の由来は

頂いたパンフレットによると

江戸時代の初期、寛文4年(1664年)に

旗本金指近藤家二代目当主・登之助貞用(さだもち)の

招きに応じて

先の隠元禅師に随行し日本に渡られた

明国の独湛(どくたん)禅師が開祖ということでした。

それ以降、

金指近藤・気賀近藤両家の菩提寺として

寺領百石を有し、黄檗宗の専門道場として

この地の黄檗文化の中心となって栄えていた

ということです。

立派な山門をくぐると

 

正面にある佛殿は国指定重要文化財だそうで

屋根の葺き方がよく見る日本の寺院のような

ものと違い、茅か杉板なのか区別は

建築に疎い管理人にはわからないのですが

かなり地味な色合い。

 

これが

続きを読む>>> 金のなる石(金鳴石)の初山宝林寺を訪ねキンキン祈願の音を響かせてきました

財運をアップする神社の紹介

江ノ島にも金運財運アップにご利益のある銭洗い池がありました

江ノ島銭洗いの白龍池

行ってきました江ノ島「銭洗い白龍王」の白龍池

江の島神社で、

近年、

金運財運アップの強力なパワースポットとして

観光客が各地からお目当てにやってくるのが

「銭洗い白龍王」の白龍池です。

ここに銭洗い池があるのです。

 

 

場所はというと

江ノ島に入って、江ノ島名物

エスカー1区の

江島神社辺津宮(へつみや)の向かいあたりに

あります。

 

むかしは

江の島の頂上に行くには

数百段の階段をひたすら登っていかなくては

ならなかったのですが

国内初の屋外型エスカレータとして

昭和34年に4つの短いエスカレータを乗り継いで

江ノ島頂上までいくことができる

エスカーができました。

 

この池はエスカー1本目の出口付近に鎮座しています。

 

以前紹介した、

鎌倉市佐助にある宇賀神神社。

通称「銭洗い弁天」も

強力な金運パワースポットですが

箱根・鎌倉・湘南の地には

このような金運・財運アップの場所が

多いのはうれしいものです。

 

 

池の正面には「龍神と銭洗い」の立て札があり ご由緒が書いてあります。

 

要約すると

もともと、岩屋の洞窟にお祀りされていた

弁財天と龍神様のおられた場所に

ある霊水で金銭を洗うと金運・財運が向上するという

ご利益で賑わったようですが

近年、こちらの白龍池に移されたということのようです。

 

 

近くには銭洗いにはつきものの小ぶりの竹ざるが おいてありました。

 

金運・財運向上を願ってさっそく 洗わせて頂きました

 

こちらの池はちょっと変わったところで

続きを読む>>> 江ノ島にも金運財運アップにご利益のある銭洗い池がありました

財運をアップする神社の紹介

財運の神・弁財天のおわす、江ノ島を散策してきました

先日

古い昔から海運・漁業の守り神として広く庶民に厚く

信仰されている「江島神社(えのしまじんじゃ)」を散策してきました。

 

実は、お目当てというのが

江ノ島には最強の金運アップのパワースポット!

江ノ島の近くには腰越という土地も有り

こんな伝説があったそうです

 

 

この天女がすなわち福徳財運の神である弁天様らしく

江島弁財天様と龍神様のお話はこの地でずっと伝承されているようです。

 

その名も、裸(はだか)弁財天として有名な「弁財天」はその文字の表すように、

財宝の功徳を持つ「開運福徳」の神社としても親しまれています。

 

江ノ島電鉄江ノ島駅を下車するともうそこには潮風が吹いてきました。

 

 

 

渡っていくのは江の島弁天橋、橋の長さは約389mもあります。

 

 

いまでこそ立派な鉄橋ですが、もともと木製の橋が架かっていただけだったようです明治24年(1891年)頃のことだそうです。

その後、よく台風で流されることが続いていたために

昭和24年にはコンクリートの杭に打ち直され、

昭和28年にはいまのようなPC鋼橋になったんだと

「橋マニア」の友人から聞いたことがあります。

 

 

それまでは、江ノ島は海の潮が満ちてくると

片瀬浜からはとにかく徒歩で歩いて渡っていくしかない

離れ小島だったようで、島に行く手段といえば

舟か人足に背負われて参拝するしかなかったようです。

 

ちょうど大井川の渡しのような感じだったのかも知れません

 

 

そういえば、人道橋に並行してある

立派な自動車専用の橋は、昭和39年に開催された

東京オリンピックにあわせてつくられたそうです。

 

 

祝祭日・休日には長いクルマの行列ですが今回はだいぶ空いていましたね。

 

島の西方の「奥津宮(おくつみや)」に多紀理比賣命

中央部の「中津宮(なかつみや)」に市寸島比賣命

北方の「辺津宮(へつみや)」に田寸津比賣命をお祀りして

総称して「江島(えのしま)大神」ということになっているそうです。

 

 

 

さて、金運アップのパワースポット参拝には行けたでしょうか???

続きを読む>>> 財運の神・弁財天のおわす、江ノ島を散策してきました

財運をアップする神社の紹介

行くぜ 東北!ってことで開運の小道(径)を歩いてきました

東北の青葉を眺めに行くぜ!東北とばかり

十和田湖を訪れました。

そして

 

東北の霊場として あまりにも有名な恐山と並ぶ パワースポットとして有名な 十和田神社に参拝してきました。

青龍権現とも、熊野権現とも呼ばれていた十和田神社。

ご祭神としては日本武尊(やまとたけるのみこと)が

祀られているのですが

明治以前は自然信仰のひとつである

水神信仰のシンボルであったということで

江戸時代には

十和田山青龍大権現が祀られており、

現在でも奥の院に祀られているとのことです。

十和田神社にはパワースポットとして「占場(うらないば)」が有名です

十和田神社で「おより紙」をいただき

願い事をしながら占場で湖に浮かべ、引き込まれるように

沈めば願いが叶うとされています。

いまは、占い場への道が険しくて立ち入り禁止になっている

らしくて遊覧船かボートで行くようになるということでした。

 

十和田神社の

縁起には2通りの説があるといわれています。

 

ひとつは

征夷大将軍・坂上田村麻呂創建とされる説。

 

もうひとつは

熊野三山で修行した、この地方出身の修行僧

南祖坊(なんそうぼう)が、

もともとの湖の主であった八郎太郎龍との争いに勝ち

十和田湖を治める主となって

(このために、南祖坊は十和田湖に身を沈め

十和田湖の主たる九頭の龍神になられたとの伝説)

 

人々が、そんな南祖坊を崇め祀ったという説です。

 

そういえば

八郎太郎のお話は、

市原悦子さんの独特のナレーションで

人気のあった、

TV放映アニメ

まんが日本昔ばなしでは「八郎潟の八郎」という

タイトルで語られていました。

あらすじとしては

岩手県の雫石に暮らしていた八郎太郎という狩人が、

友人二人と山に入った折に

炊事当番になった八郎が、

十和田湖の3匹のイワナを串焼きにして

友の帰りを待っていたけれども空腹に耐えきれず

続きを読む>>> 行くぜ 東北!ってことで開運の小道(径)を歩いてきました

運気を上げる神社の紹介

二荒山神社に参拝しながら日光東照宮にも行ってきました。
人が神になり守護するパワースポット

二荒山神社に参拝しながら

日光東照宮にも行ってきました。

 

日光東照宮にはご存知のように徳川家康が祀られています。

徳川家康は、1616年(元和2年)4月17日駿府城(いまの静岡県静岡市)で

75歳でなくなり、直ちに久能山に神葬されました。

 

徳川家康自身の遺言によって

一年後の1617年(元和3年)4月15日に遺骸は久能山から日光に移されました。

正遷宮という儀式は、その年の4月17日、二代将軍秀忠公をはじめ

公武参列のもと厳粛に行われ、東照社として鎮座することになりました。

 

1645年(正保2年)には宮号を賜ることになり、

東照宮と呼ばれるようになりました。

 

現在の主な社殿は、三代将軍徳川家光によって

1636年(寛永13年)に造替されたそうです

 

 

徳川家康は死の2週間前に次のように遺言したと

言い伝えられています。

 

「私が死んだら、まず、久能山に納め、神として祭るように。

葬式は増上寺で行い、三河の大樹寺に位牌を立てよ。

一周忌が過ぎたら、日光山に小さな堂を建てて勧進せよ。

関八州の鎮守となろう。」

 

先に天下統一を果たした

豊臣秀吉も死後は、京都の豊国神社に神として祀られ、

民衆に崇められていたので、徳川家康にも同じ思いがあったに違いありません。

 

また、知恵のあった家康は自分の死後、

将軍徳川秀忠の先祖は神様だと位置づけることで、

秀忠の地位を不動のものにするという策略を用いたのだと思われます。

 

中国には北極星を皇帝が天と交流するための

祭祀施設があり、

北極星こそ宇宙の中心であり、天帝とされ

その北極星をいただくものは天帝に選ばれしものという思想が伝わってきていたようです。

そのためか、

日光東照宮も北極星の位置を考えて作られたようです。

 

こちらは唐門

 

夜に日光東照宮に行って陽明門を見ると

ちょうど正面の真上に北極星が位置するそうです。

陰陽道の強い影響を受けて、日光東照宮は、

本殿前に設けられた陽明門とその前の鳥居を

中心に結んだ上空に北極星が位置するように設計されているといいます。

 

自らが、死後は神となり、徳川幕府の安泰と日本の平和を

いつまでも守り続けるという思想が家康の中に

あったのは間違いないと思われます。

続きを読む>>> 二荒山神社に参拝しながら日光東照宮にも行ってきました。
人が神になり守護するパワースポット

金運をアップする神社の紹介

巳年の金運神社は白蛇信仰のある神社を参拝するのもよいでしょう

2012年は辰年

で龍がいろいろとシンボリックに扱われてきましたが

辰年はいろいろ運気に変化が多く乱れる年という説も多く

気象を含め金融経済などにも「乱」現象が見られた年だったような気がいたします。

 

開けて当年

2013年は巳年、へびどし

書店で販売されている運勢学の書物などにも書かれていることですが、

巳には、始まるという意味もあるそうです。

世の中は目まぐるしく変化し、色々なことが次から次から起こりますが

一度スタート地点にもどってここよりまた始まるということなのでしょうか?

 

金運神社参拝にあたって、ことしは特に蛇に関して、

白蛇信仰のあるところを調べて行かれるのも

良い考えかと思います。

 

むかしから蛇は金運がアップするなどとも言われ、そのような理由から、

蛇の脱皮した皮を、お財布の中に入れて置くと、お金が貯まるという言い伝えを

いちどは聞いたことがあるのではないかとおもいます。

 

白蛇は蛇のなかでも遺伝子に色素が欠ける要素をもった特別な個体(アルビノ)で、

からだの色が白色な蛇なのですが

個体数も非常に少なく珍しがられ、神のお使いさまとしても

特にパワーのあるものとして各地において崇拝されるようになったようです。

そんな白蛇信仰のパワースポットでもある金運神社参拝のご参考になればと思い

後日いくつかご紹介しようと思います。

 

金運をアップする神社の紹介

手ごろな散策に、銭洗弁天をお忘れなく!

関東地方にお住まいの方で

行楽を兼ねて鎌倉の銭洗弁天に行かれた方は多いでしょう。

正式名称は

銭洗弁財天宇賀福神社

(ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ)といいますが

神奈川県鎌倉市佐助にある神社です。

 

洞窟の入り口近くには宇賀福神さまのお社があり、

洞窟の中のお社は銭洗弁財天さまをお祀りしています。

境内洞窟にある清水で硬貨などを洗うと増えると

伝えられていることから、

銭洗弁財天(銭洗弁天)の名で知られ、

休日に限らずとても観光客の多い場所です。

 

ここは金運神社のひとつとして忘れてはならない

パワースポットだと思います。

 

庶民の金運に恵まれるようにと思う気持ちは

みな同じなようで

一万円札や宝くじまで洗う人がいるそうですので

ほほえましい限りです。

 

散歩を兼ねて鎌倉散策のコースにぜひ加えておきたいところです

JRの鎌倉駅から徒歩で約20分くらいはかかります。

この神社の由来などについてはまた後日。

縁結び神社の紹介と参拝作法

三社参りのあとにはピンク色のカレーでパワーをアップする?

神社参りのおみやげは何がいい

九頭龍神社にプリンス箱根園の九頭龍の森から行く場合は500円の

入園料がかかりますが、森林浴をしながらの参拝もなかなかいいものです。

 

自分が参拝した時にはおみやげで九頭龍神社にちなんだ

金粉入りの「九頭龍カステラ」を販売していました。

龍神水とはまた違った趣の、いいお土産でしょう。

三社参りをすませて箱根神社参拝の帰り道には

ザプリンス箱根に立ち寄り

ガーデンカフェ&レストラン「ソラノシタ」で

有名なピンク色のカレーを食べる

女性客が多いそうです。

 

 

九頭龍神社で縁結びや恋愛成就を祈願したあとは

このピンクカレーでパワースポットのパワーを最大に

引き出そうと願うのでしょうね

ちなみにこのピンク色はビーツ(砂糖大根)の天然の

色素でつけたものだそうです。

 

九頭竜神社で恋愛祈願。ザ・プリンス箱根のピンクカレーでランチを満喫

神社への参拝作法

九頭龍神社の伝説

九頭龍神社に祭られている龍神様については

次のような言い伝えがあるそうです。

昔、芦ノ湖には九つの頭を持ったの龍が住んでおりました。

龍はたびたび雲を呼び、嵐を起こし、村の人々を困らせていたそうです。

その時、箱根駒ヶ岳で修行をされていた万巻上人という修行僧が

困った人々を助ける為に芦ノ湖に石段を作ってご祈祷を捧げ、

宝珠、錫杖、水瓶を捧げ持ち帰依したため、九頭龍は湖を守る龍神として

人々から奉られました

 

だから、せっかくここまでこられたら龍神に祈祷をささげ、人間の味方に

つけるよう働いてくださった万巻上人が修行されていた

箱根神社の駒ヶ岳山頂にある元宮と箱根神社と九頭龍神社の三社を

お参りすることをオススメしますよ

パワースポットが集中しているので見逃せませんね

縁結び神社の紹介と参拝作法

最近人気の九頭龍神社参拝も外せませんよ

芦ノ湖畔の静かな森の中にある九頭龍神社。

龍神様はもともと水を司る神様です。

 

金運・財運の龍神様をお祀りしています。近年は良縁にもご縁があるということで女性に人気のパワースポット

 

この九頭龍神社には金運、開運、商売繁盛、縁結びに

ご利益があるという龍神様が奉られています。

 

特に最近では良縁祈願で女性に人気のあるスポットになっています。

毎月13日の日は月次祭(つきなみさい)といって

定例的にお祀りが行われますが

こういった時の参加者の八割がたが女性という盛り上がり方だと

雑誌に書いてありました。

 

 

しかし実際に足を運んでみると

縁結びの神様を頼って、若い人たちが圧倒的に多いと

聞いていましたが、家族連れや、年配のご夫婦も

沢山いらっしゃっていました。

船でついて桟橋から九頭龍の森をぬけて本宮にむかいます

 

 

 

 

 

なにせ龍神様は商売繁盛にもご利益があるので、必ずしも若い女性だけで埋め尽くされてるということではありませんのでご安心ください

続きを読む>>> 最近人気の九頭龍神社参拝も外せませんよ