神社への参拝作法

神社参拝は午前中がいいのか?

神社参拝の時間帯を選ぶなら

 

 

神社参拝時間は、一般に午前中がよいと言われています。

午前中は陽の気が満ちていて

本来日没後は陰の気が満ちるので参拝には良くない

という説がよくいわれますが

しかし、日本の代表的な伊勢神社の遷宮祭に関する行事は

何年にもわたり時間をかけて行われますが

(神様のお引越しといったものです)

行事は夜中に行なうものが多く、そのなかでももっとも重要とされる

遷御(せんぎょ)

という儀式では、闇の中を神職らに前後を守られて、

御神体が白い絹の垣に囲まれ、旧殿を出御(しゅつぎょ)し、

新しい御正殿に入御します。

また遷御が斎行される月日は、天皇陛下が定められることになっています

 

これからみると、日没後はつまり神様方の時間帯だから

人間はご遠慮するというとらえ方が正しいのかもしれません。

 

現実的には早朝の参拝はまだ参拝者が少ないために、

神社の神域の気が乱されていないうえ

観光客の大群に押しのけられるような思いすることもなく

早朝独特なすがすがしさも味わえるので、ベストではないでしょうか

続きを読む>>> 神社参拝は午前中がいいのか?

運気を上げる方法の紹介

金運とはお金のエネルギーの流れではないでしょうか

きょうは ちょっと根本的な問題について考えてみました

金運とはお金のエネルギーの流れ?

金運神社に参拝するのは、だれしも「金運」があがることを望むからに間違いありません。

ただ、勘違いしてはいけないのは金運があがるということを

ただお金が集まってくることと勘違いしないことだということです。

 

お金がとにかく集まればいい、自分のところに集まればいいというだけで

 

金運神社や財運アップのご利益のある神社に参拝するのは

ちょっと違うのではないかということです。

 

「運」というのはやはり目に見えないけれど一種のエネルギーの流れだと思います。

金運にしてもお金が集まってそして流れていく、よどみのない流れをつくることが

金運をあげるということになるのではないでしょうか。

 

引き寄せの法則は確かにあるようですが、ただお金という見に見える物質が集まってくるだけで

うまく流れなくなるのでは、ごみが自分の周りに吹き溜まりになっているようなものではないでしょうか。

 

お金持ち、ミリオネアとか呼ばれる人は、お金を貯めるだけではなく投資という形でお金をうまく流して

さらにお金を生み出しています。また、そういったミリオネアはかなりの額を社会的な事業などに

寄付しているのもみなさんご承知の通りです。

 

これが何を意味しているのか?

 

よくいわれるようにゴミがたまった部屋には良い運気は入ってきませんね

だって流れることができないのですから。

 

いまそのための運気改善方法をいろいろ調べていますので、もう少しお待ちください。

いい情報があったらご紹介しようと思います

 

 

 

続きを読む>>> 金運とはお金のエネルギーの流れではないでしょうか

神社への参拝作法

鳥居は神様のおられる神域の内と外を分ける境界に立っています

神社について最初に見上げるのが 鳥居ではないでしょうか

 

鳥居は神社を表示し、また神社のもつ神聖さを象徴する建造物だといえます。

 

鳥居は神社の内と外を分ける境に立てられていて

鳥居の内は神様がお鎮まりになる御神域として区別されています。

 

だから、鳥居をくぐるときにはやはりお辞儀をして、

これから神域に入らせていただきます、という気持ちを表す必要があるわけです

鳥居の語源としては

昔、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が

天の岩屋にお隠れになったときに、

八百万の神々が天照大御神お顔を出していただくてめに

夜明けが来たことを知らせるため鶏を鳴せたという神話がありますが、このとき鶏が

止まった木を鳥居の起源であるとする説がよく知られています。

 

あと気を付けた方がいいと思うのは、鳥居の中央部は神様がお通りになる

部分なので、われわれ人間は中央部を避けて端を歩いた方がいいと思います。

 

鳥居の形状は神社によって微妙に異なり、一説では60種類くらいあるという

ようですが、わかりやすいのは、

鳥居上部の横柱が一直線になっている神明(しんめい)鳥居と

この横柱の両端が上向きに反っている明神(みょうじん)鳥居のタイプでしょう。

そんなところに注目しながら神社めぐりをするのはなかなか楽しいものです。

 

縁結び神社の紹介と参拝作法

三社参りのあとにはピンク色のカレーでパワーをアップする?

神社参りのおみやげは何がいい

九頭龍神社にプリンス箱根園の九頭龍の森から行く場合は500円の

入園料がかかりますが、森林浴をしながらの参拝もなかなかいいものです。

 

自分が参拝した時にはおみやげで九頭龍神社にちなんだ

金粉入りの「九頭龍カステラ」を販売していました。

龍神水とはまた違った趣の、いいお土産でしょう。

三社参りをすませて箱根神社参拝の帰り道には

ザプリンス箱根に立ち寄り

ガーデンカフェ&レストラン「ソラノシタ」で

有名なピンク色のカレーを食べる

女性客が多いそうです。

 

 

九頭龍神社で縁結びや恋愛成就を祈願したあとは

このピンクカレーでパワースポットのパワーを最大に

引き出そうと願うのでしょうね

ちなみにこのピンク色はビーツ(砂糖大根)の天然の

色素でつけたものだそうです。

 

九頭竜神社で恋愛祈願。ザ・プリンス箱根のピンクカレーでランチを満喫

神社への参拝作法

御神籤(おみくじ)を引かれるときはどうしていますか

参拝したら御神籤(おみくじ)を引きますよね

 

神社にお参りに行くと御神籤をひきませんか?

自分の考えですが、せっかくなら引いた方がいいと思います。

御神籤はお参りした神様からのアドバイスシートだと考えたらいいでしょう。

心を引き締め、お願い事を祈念してそのまま帰るよりは、参拝に来た時点での

アドバイスを受けられたらどうでしょうか。

何となく引くのでは、あまり好ましくありません。

 

そのやり方ですが、こんな風に自分は行っています。

 

まず、御神籤の初穂料を納めたら、

この瞬間に必要な神様からのアドバイスを戴くという気構えを持って、

できるだけ拝殿(神殿)の方を見て、

「いまの私に必要なことをお教え下さい、お願いいたします」

と、こころのなかで念じながら、あれこれと悩まずにお神籤を引きます。

 

ここで、御神籤を選んだり、やたらとこころのなかで願い事など願ったりして

まごまごすることなく直感を働かせるようにして引くのがいいと思います

お神籤は、引いた場所から少し離れた場所ですぐに開いて読みましょう。その時も拝殿の方を向いて読むのがいいとおもいます。

読み終わったら拝殿に一礼して帰宅につきます。

引いたおみくじは、その場で枝に結んだりしますが自分はひととおり

目をとおして思い当ることなどないかと考えてから

御神籤をもちかえり、お財布や定期入れにいれておいてお守り代わりにしていました。

 

最近では、A4サイズくらいのノートにきれいに伸ばして糊付けして、

お参りした神社の名前と参拝日を記入し、その時感じたことをちょっとコメントして

保管しています。

時折、その御神籤帳をみて反省すべきことや感謝すべきことなどが

おきていることに気づきます。

神様のアドバイスをどのように生かすかが大切なのではないでしょうか

これもいい方法だと思いますよ。お試しあれ

 

 

神社への参拝作法

参拝するとき願い事をしていますか?

願い事を込めて参拝するとき大事なこと

 

参拝して柏手を打ち、みなさんお願い事を呟いていると思いますが

けっこう大事なことがあると思うのでお伝えしておきましょう。

もちろん、たいそうな根拠があるのではありませんが、自分は

いつもこうしているってことで

 

それは

 

お願い事を神様に聞き届けていただくときには

 

住所+自分の名前をまず名乗る 「本日はお参りさせていただきありがとうございます」とまずお礼を述べる 「願い事」を成就するためなにとぞお力をお貸しください、とお願いする 「神社の名前あるいはお祀りする神様のお名前」の、ますますのご繁栄をお祈り申し上げます、と結ぶ

というような順序でお参りをしております

神様も、どこのだれかわからないやからが、とにかく願い事をかなえてくれって

大きな声で(心の中だけですけどね)せがんだって

金運神社でも財運神社でも、「金運アップお願いします」だけでは、誰の願いかもわかりませんしね

ちょっと迷惑でしょう、失礼にあたると思うのです。

 

ということで、自分がいつもやっている自分流の作法が

参考になるようでしたら幸いです

もっとも短い時間の間に、これだけのことを込めるのはなかなか大変です

慣れるまでちょっと時間がかかりました

神社への参拝作法

九頭龍神社の龍神水はお頒かちいただけます

九頭龍神社へ参拝船でお参りをすると、御供をいただけるので

芦ノ湖に小豆とお米を投げ入れてお願いごとをしてくることになりますが

参拝船に乗るときに、あらかじめご祈祷をお願いする用紙に願い事を

書くことになっているとお伝えしましたが、神職さんが九頭龍神社本宮で

神様にお取次ぎをしてくださったあと、箱根神社へ戻ってくると

そこでこんなペットボトルに入った龍神水を頒けてくださいますので

有難く頂戴しておきましょう。

のどが乾いたら飲んでしまってもよし、自宅に帰ってから

ご飯を炊いてもいいですね。

もっとも、九頭龍神社新宮には龍神様の口からわき出る

霊水を自由に汲める口があるので、詰めて帰るのもいいと思います

神社への参拝作法

柏手を打つならこうするといい音がしますよ

神社にお参りするときの柏手を打つときに

ちょっと知っておくといいことをひとつ。

 

柏餅でご存知の柏という植物の葉のような形に手を合わせるので

柏手というのだという説もあるみたいですが

柏手を打つには、両掌を合わせて左右に開いたのちに

掌をあわせるときに音を出すわけですが、両手をぴったり平らにして

あわせると音がしにくくなります。

 

音を良くするには、左手指股の部分に右手指先(小指先)があたるように

するとパンパンといった乾いたいい音がしますよ、お試しあれ

 

拍手の回数にははいくつか種類があります。ごく一般的な「二拝二拍手一拝」をはじめとして、

回数が3回以下のものは「短拍手あるいは短手(みじかて)」と呼ばれるそうです。

出雲大社、宇佐八幡、弥彦神社の4回、

伊勢神宮の8回

(もっとも8回打つのは神職の方がなさるようで一般の方の場合は二拝二拍手一拝のようです)

このように4回以上手を打つものは「長拍手あるいは長手(ながて)」と呼ばれるそうです。

柏手の音については、神様に願いを聞いていただくためにお聞かせするとか、

邪気を追い払うためとか諸説あるようです。

 

自分は何かこの柏手を打つと、そのはりつめた音にきりっとした緊張感が走るのが好きです。

 

 

 

神社への参拝作法

箱根神社のご神徳とはなんでしょうか

「心願成就」 いつの世も、こころのなかの秘めた願いを かなえてくださいとねがうもの

 

箱根神社は、古来より、

関東総鎮守箱根大権現と尊崇されてきた名社で、

心願成就・開運厄除・交通安全に

御神徳の高い開運の神様として信仰されています。

もちろん心願成就ですから、金運・財運アップをお祈りするのは当然のことです

もともと聖占上人という方が箱根山の駒ケ岳より、主峰になる山を「神体山」として

お祀りされてから、関東における山岳信仰の一大霊場となったということです。

箱根神社元宮を訪れるとよくわかると思います。

のちの世の万巻上人は仏教の中でも修験道を極め、強くこの箱根神社と結びついていったようです。

 

箱根路が平安初期に通じるようになると、旅の途中の安全祈願をと

箱根神社をお参りする人が増えたそうです。

鎌倉時代、源頼朝は箱根神社を崇拝し、以降の武家隆盛の時代に至るまで

多くの信仰を集める神社になっていったようです。

こんな箱根神社ご参拝のご祈願には ◆開運参拝作法マニュアル◆ が役に立つとおもいますよ。

神社への参拝作法

効率的な三社参りのルートの取り方

九頭龍神社・箱根神社元宮・箱根神社を

効率的に三社参りするには

こんなルートがいいと思います。

まず九頭龍神社の本宮を参拝したら

神山桟橋からまた船に乗って箱根園港で下船して

駒ヶ岳ロープウェーにのります。

天気が良ければ富士山がとても美しい姿を見せてくれます。

 

 

7分くらいで山頂につきますので、すかさず箱根神社元宮参拝。

地上と比べてかなり気温が低いのでびっくりします。

また、雄大な景色を眺めながらロープウェーでくだり

 

箱根園駅で下車し箱根園港より船で箱根関所跡を経由して

 

元箱根港で下船し、箱根神社を参拝するのが効率的でしょう。