日光二荒山神社は、縁(えにし)を結んでくださるところに注目でしょうか

先日の日光への旅行は、じつは暑さを避けて

東照宮と華厳の滝などめぐって暑気払いしたいなということで

出かけたわけなんですが

男体山を神体山と崇敬する日光二荒山神社は大変「縁」にゆかりの深い神社です。

 日光二荒山神社ご由緒

ことに、縁結び、商売繁盛、健康運上昇などにご利益が

あるパワースポットとして有名ですね。

東照宮からの参道を通って、二荒山神社に足を運ぶことが

多いとはおもいますが、

ご神縁をいただくには

できればもう一度、正面の神門から拝礼してから

あらためて入らせていただくのが良いと聞いたことがあります。

時間があったらぜひそうなさってください。

 

日光二荒山のご神体である

男体山の神、大己貴命(おおなむちのみこと)を祀る神殿は

近くの東照宮のきらびやかなほどに華麗な作りと比べるとなんとも

見た目は簡素な作りの建物ですが

ご縁日には盛大に「大国(だいこく)まつり」が開かれ

全国から金運アップを願う人々の参拝で賑わいます。

 

大国主命は元来、男女の縁に限らずこの世のあらゆる縁を結ぶ神様です。

大国主命は「大国」がダイコクと読めることから、同じ音の大黒様(大黒天)と

神仏習合で同一視されて民衆に広く浸透しているのだと言われています。

今では幸福をもたらす神様として広く信仰されているそうです。

 

知恵の神様・少彦名命(スクナヒコノミコト)は

朋友神社にお祀りされています。

本殿の近くにある、縁結びの笹が有名なせいか男女良縁を願う方の

参拝が多いのは昔から変わらないようですが

結んでいただくのは、人と人のご縁なのでもっと広い意味で

捉える必要があるかもしれません。

境内奥の神苑内にある霊泉には、薬師の霊水と酒の泉の2つの湧き水を

引き込んであるので、知恵の水・若がえりの水・知恵の水・醸造に良い

銘酒をする水などの霊験あらたかなものとして崇敬されています。

 

今流行のアンチエイジングには若がえりの水は欠かせないとかで、

近年では、ことに多くの女性客が訪れるということです。

 

霊泉のそばのあずま屋ではこの霊水で淹れた珈琲やお抹茶をいただけるので

疲れた足を休めながらゆっくりするのもいいですね。

日光レークサイドホテルから二荒山神社を巡るならコチラ

 

日光二荒山神社はお山が信仰の対象。男体山がとても綺麗でした。

先日、日光方面に出かけてきました。

連日の猛暑でさすがにへばっていたのですが、

中禅寺湖の日光レ-クサイドホテルに宿をとったので

湖畔を散歩したらとても涼しい風が吹いていました。

 

中禅寺湖から望む男体山はとてもきれいなお姿でした。

男体山はくっきり

 

男体山は、古くは呼び名を二荒山(ふたらさん)といって

後ろのそのすぐ後ろの女峰山、太郎山をあわせて日光三山と呼ばれ

お山そのものを神体山としてお祀りする二荒山神社が有名です。

 

中禅寺湖の湖畔には中宮があります。

お山そのものが、信仰の対象だというのは富士山にも通じるものがありますね

 

ちなみに男体山のご祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)で

世間では大国主の命(オオクニヌシノミコト)としてよく知られています

 国造りの神様であり、農業・商業の繁栄をもたらす神様として親しまれています。

あとは、何故か縁結びの神様でもあるんですね。

これについてはまた後ほど、ご案内します

 中禅寺湖から望む山々

こちらは中禅寺湖の遊覧船から望む山々です

じつは日光レークサイドホテルに宿をとった決め手は

 こちらには、にごり湯の天然温泉があったから

日光レークサイドホテルから二荒山神社を巡るならコチラ

中禅寺湖の金谷ホテルも捨てがたい風情はあるのですが

温泉がないのが残念。

鎌倉散策して名残のさくらを見てきました.
材木座海岸が光っていました

先日、名残のさくらを見に鎌倉へ出かけました。

場所は材木座海岸に一番近いところにある、古刹光明寺です。

 浄土宗のお寺で、本堂は鎌倉最大の木造古建築物といわれています。

光明寺 山門

材木座海岸が近いので、海岸まででたら太陽が春めいた

ひかりを放っていました。

続きを読む»

恵比寿様と大黒様は商売繁盛の神様ですから
ぜひともご利益にあやかりたいですね

恵比寿様と大黒様のパッケージがいいですね

 

恵比寿様と大黒様は商売繁盛の神様ですから

ぜひともご利益にあやかりたいですね

 

ということで

成田羊羹資料館で

とてもお得気分になる羊羹付おみくじを引いた結果は?

 

一日にいくつもお御籤を引くのはいけないのですが

そこはご愛嬌ということで….

自分が引いたのはこんな感じでした。

羊羹お御籤は中吉とでました

ちなみに、一口サイズの黒糖入り羊羹が3本もはいっていましたよ

運気上々です

 

<ご参考>
◆成田羊羹資料館

郵便番号 286-0032
 住所 千葉県成田市上町500
 電話番号 0476-22-2266
 開館時間 10:00~16:00 
※1月1日~1月3日は開館時間が8:00~18:00となります
※展示替えの際のみ休館とさせていただきます

懐かしい羊羹のパッケージや
全国の羊羹なども展示されています

 

成田には羊羹資料館があります、
そこでお御籤がひけるとは???

「あぽやん」が目立っていました

 

成田山新勝寺の表参道には

木曜日9時からのテレビドラマ放映中の「あぽやん」の

のぼりがたくさん立っていました。

 

ドラマに出てきた出世橋もあって、ちょいと

スナップなども撮りました。

 

ところで、成田山のおみやげには羊羹が多いのですが

もともと、この地は水質が良かったので

羊羹生産に適していたそうです。

 

米屋(よねや)という老舗羊羹屋さんの作られた

「成田羊羹資料館」がなごみの米屋という

お店の裏手にあるのですが (ありがたいことに無料です

 

そこでは「羊羹おみくじ」が引けます。

以下 パンフレットから引用

米屋總本店にずっとまつられてきた 恵比寿様と大黒様を参拝して

100円で羊羹入りのおみくじをお引きいただけます。

これが大変当たると言われております。

 

こんな感じの、昔の茶箪笥のような引き出しに

お御籤入りの羊羹がはいっています

羊羹資料館のお御籤箪笥

おみくじを引くと羊羹がついてくるのか

それとも羊羹付のお御籤なのか  わからなくなりますが

とにかくちょっと得した気分になります

成田山新勝寺境内には出世・開運の出世稲荷神社があります

出世稲荷神社がありました

成田山に参拝にいったのですが、

じつはここには強力な出世・開運のご利益のある

神社があるのです。

出世稲荷神社が鎮座されているのです。あまりに新勝寺がひろいので

庭園や参道をゆっくりと回っていたら、あまりにも混雑していたので

今回は参拝しませんでした。

この急な階段がずーっと出世稲荷開運参道のようです。

成田山新勝寺出世稲荷神社への上り階段

階段をあがると

お稲荷さんの強力なエネルギーというものを感じる鳥居の数々に出くわしますが

出世稲荷の御本尊というのは、江戸時代に成田山を篤く信仰した

佐倉藩主・稲葉丹後守によって寄進された御尊像だそうです。

商売繁昌・開運成就・火伏せのご利益があると伝えられ「出世開運稲荷」と称されているそうです。

ご本尊に向かう急な階段には、たくさんの人が列を作って並んでいて

鳥居の脇にある売店では、油揚げと蝋燭やお狐様のお人形が販売されていました。

 

行列はみなさん油揚げのお皿と生卵を手にして、ひたすら待っておられるようでした。

ま、著名人のとくに歌舞伎の市川家との縁も深い成田山

いつまで見ても見飽きないところです。また、ちかいうちに訪れたいと思っています

 

気分転換にお御籤を作ってみました

JAVASCRIPT お御籤をつくってみました

 

今日のお御籤

結果は.......

 

あんまり結果は気にしないで楽しんでください

成田山でお御籤を引いてみた

こんにちは

成田山新勝寺参拝の続きです

旧正月の文字がわかる立て看板がありましたが

全体にひとは少なめでした。おかげでゆっくりお参りできてよかったです



神社と違って鳴らす鈴がないので、お賽銭を丁寧にお納めして

お参りしました。

そのあとは、いつも通りお御籤を引きました

さて、その結果は?

続きを読む»

成田山新勝寺へ旧正月の初詣と洒落込みました

旧暦の旧正月(ことしは2月10日が元旦)

に初詣と洒落込んで

成田山新勝寺にお参りに行ってきました。

成田山新勝寺正面

成田山新勝寺(なりたさんしんしょうじ)は

真言宗智山派のお寺で、ご本尊は不動明王さまです。

さすがに大本堂は300畳敷きというだけあって

とにかく広い。

成田山新勝寺前景

家内安全、交通安全などを祈る護摩祈祷が行われる

ために関東圏の人が多く訪れます。


なんでもここ数年の正月の参拝客は

明治神宮が圧倒的に一位ということで不動の

ものだったようですが

成田山新勝寺は参拝客数は常に上位にあり


ことしも大混雑だったようです。


さすがに、節分も過ぎたいまは空いていました。

 

おかげで旧正月をゆっくりそぞろ歩きできました



こちらは小高い山に多くの堂や塔があるうえ

広大な公園があるので

じっくりと見ていたら丸1日以上は

かかるのではないでしょうか

そういえば、節分は人気力士や、NHKの大河ドラマの

役者さんが豆まきにやって来ます。

その時も大変な人出だそうです。

 

ぶらり参拝の様子はまた後日。

 

縁起のいいお酒 開運 を初めて知りました

「金運」というお酒はなかったけれど「開運」がありました

 

以前金運をアップするには地酒が有効らしい

ということを書いたのですが

残念ながら「金運」という名そのものズバリの

お酒にはであったことがありません

ところが先日

創業、明治5年。

静岡県の土井酒造というところが製造販売している

「開運」という名の日本酒があることを知りました。

 

吟醸酒に強いメーカだということで

石川県出身の杜氏を中心に醸造が行われていて

杜氏の氏名を冠した

「波瀬正吉」という銘柄を

最上位ブランドとして発売しているので

なかなか有名なのだそうです

原料としては兵庫県の山田錦や地元の米を厳選使用。

高天神城跡がある高天神山が

蔵元の近隣に位置しているため高天神山の天然の湧き水(長命水)を

仕込みに使っているなど

まさに地のものの恵みを頂く酒に仕上がっているようです。

ちなみに

●開運 大吟醸 金賞受賞酒

種類: 大吟醸
原料米:山田錦(兵庫県産)
日本酒度:+5
アルコール:17~18%

●開運 能登流「 波瀬正吉」 山田錦

読み: はせしょうきち
種類: 大吟醸
原料米: 山田錦(兵庫県産)
精米歩合: 35%
使用酵母: 静岡酵母
日本酒度: +6
酸度: 1.2
アミノ酸度: 0.6
アルコール: 17.8%
杜氏: 波瀬正吉(能登杜氏)

 

ということです。

次のところで

「開運」の飲める・買える店を案内しているそうです

旅先で、ぜひ立ち寄り

運気改善で「開運」にあやかりたいものです