運気を上げる神社の紹介

二荒山神社に参拝しながら日光東照宮にも行ってきました。
人が神になり守護するパワースポット

二荒山神社に参拝しながら

日光東照宮にも行ってきました。

 

日光東照宮にはご存知のように徳川家康が祀られています。

徳川家康は、1616年(元和2年)4月17日駿府城(いまの静岡県静岡市)で

75歳でなくなり、直ちに久能山に神葬されました。

 

徳川家康自身の遺言によって

一年後の1617年(元和3年)4月15日に遺骸は久能山から日光に移されました。

正遷宮という儀式は、その年の4月17日、二代将軍秀忠公をはじめ

公武参列のもと厳粛に行われ、東照社として鎮座することになりました。

 

1645年(正保2年)には宮号を賜ることになり、

東照宮と呼ばれるようになりました。

 

現在の主な社殿は、三代将軍徳川家光によって

1636年(寛永13年)に造替されたそうです

 

 

徳川家康は死の2週間前に次のように遺言したと

言い伝えられています。

 

「私が死んだら、まず、久能山に納め、神として祭るように。

葬式は増上寺で行い、三河の大樹寺に位牌を立てよ。

一周忌が過ぎたら、日光山に小さな堂を建てて勧進せよ。

関八州の鎮守となろう。」

 

先に天下統一を果たした

豊臣秀吉も死後は、京都の豊国神社に神として祀られ、

民衆に崇められていたので、徳川家康にも同じ思いがあったに違いありません。

 

また、知恵のあった家康は自分の死後、

将軍徳川秀忠の先祖は神様だと位置づけることで、

秀忠の地位を不動のものにするという策略を用いたのだと思われます。

 

中国には北極星を皇帝が天と交流するための

祭祀施設があり、

北極星こそ宇宙の中心であり、天帝とされ

その北極星をいただくものは天帝に選ばれしものという思想が伝わってきていたようです。

そのためか、

日光東照宮も北極星の位置を考えて作られたようです。

 

こちらは唐門

 

夜に日光東照宮に行って陽明門を見ると

ちょうど正面の真上に北極星が位置するそうです。

陰陽道の強い影響を受けて、日光東照宮は、

本殿前に設けられた陽明門とその前の鳥居を

中心に結んだ上空に北極星が位置するように設計されているといいます。

 

自らが、死後は神となり、徳川幕府の安泰と日本の平和を

いつまでも守り続けるという思想が家康の中に

あったのは間違いないと思われます。

続きを読む>>> 二荒山神社に参拝しながら日光東照宮にも行ってきました。
人が神になり守護するパワースポット

縁結び神社の紹介と参拝作法

日光二荒山神社は、縁(えにし)を結んでくださるところに注目でしょうか

先日の日光への旅行は、じつは暑さを避けて

東照宮と華厳の滝などめぐって暑気払いしたいなということで

出かけたわけなんですが

男体山を神体山と崇敬する日光二荒山神社は大変「縁」にゆかりの深い神社です。

ことに、縁結び、商売繁盛、健康運上昇などにご利益が

あるパワースポットとして有名ですね。

東照宮からの参道を通って、二荒山神社に足を運ぶことが

多いとはおもいますが、

ご神縁をいただくには できればもう一度、正面の神門から拝礼してから あらためて入らせていただくのが良いと聞いたことがあります。 時間があったらぜひそうなさってください。

 

日光二荒山のご神体である

男体山の神、大己貴命(おおなむちのみこと)を祀る神殿は

近くの東照宮のきらびやかなほどに華麗な作りと比べるとなんとも

見た目は簡素な作りの建物ですが

ご縁日には盛大に「大国(だいこく)まつり」が開かれ

全国から金運アップを願う人々の参拝で賑わいます。

 

大国主命は元来、男女の縁に限らずこの世のあらゆる縁を結ぶ神様です。

大国主命は「大国」がダイコクと読めることから、同じ音の大黒様(大黒天)と

神仏習合で同一視されて民衆に広く浸透しているのだと言われています。

今では幸福をもたらす神様として広く信仰されているそうです。

 

知恵の神様・少彦名命(スクナヒコノミコト)は

朋友神社にお祀りされています。

本殿の近くにある、縁結びの笹が有名なせいか男女良縁を願う方の

参拝が多いのは昔から変わらないようですが

結んでいただくのは、人と人のご縁なのでもっと広い意味で

捉える必要があるかもしれません。

境内奥の神苑内にある霊泉には、薬師の霊水と酒の泉の2つの湧き水を

引き込んであるので、知恵の水・若がえりの水・知恵の水・醸造に良い

銘酒をする水などの霊験あらたかなものとして崇敬されています。

 

今流行のアンチエイジングには若がえりの水は欠かせないとかで、

近年では、ことに多くの女性客が訪れるということです。

 

霊泉のそばのあずま屋ではこの霊水で淹れた珈琲やお抹茶をいただけるので

疲れた足を休めながらゆっくりするのもいいですね。

日光レークサイドホテルから二荒山神社を巡るならコチラ

 

続きを読む>>> 日光二荒山神社は、縁(えにし)を結んでくださるところに注目でしょうか

神社参拝お得情報

日光二荒山神社はお山が信仰の対象。男体山がとても綺麗でした。

先日、日光方面に出かけてきました。

連日の猛暑でさすがにへばっていたのですが、

中禅寺湖の日光レ-クサイドホテルに宿をとったので

湖畔を散歩したらとても涼しい風が吹いていました。

 

中禅寺湖から望む男体山はとてもきれいなお姿でした。

 

男体山は、古くは呼び名を二荒山(ふたらさん)といって

後ろのそのすぐ後ろの女峰山、太郎山をあわせて日光三山と呼ばれ

お山そのものを神体山としてお祀りする二荒山神社が有名です。

 

中禅寺湖の湖畔には中宮があります。

お山そのものが、信仰の対象だというのは富士山にも通じるものがありますね

 

ちなみに男体山のご祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)で

世間では大国主の命(オオクニヌシノミコト)としてよく知られています

国造りの神様であり、農業・商業の繁栄をもたらす神様として親しまれています。

あとは、何故か縁結びの神様でもあるんですね。

これについてはまた後ほど、ご案内します

こちらは中禅寺湖の遊覧船から望む山々です

じつは日光レークサイドホテルに宿をとった決め手は

こちらには、にごり湯の天然温泉があったから

日光レークサイドホテルから二荒山神社を巡るならコチラ

中禅寺湖の金谷ホテルも捨てがたい風情はあるのですが

温泉がないのが残念。

続きを読む>>> 日光二荒山神社はお山が信仰の対象。男体山がとても綺麗でした。